おはようございます。

 

Shortmanです。

 

英国のハードブリグジット懸念で弱含んでいたポンド。市場はややリスク回避で円買いも散見されていましたが、英国のメイ首相の会見が終わるや否や爆上げ!!!

 

Bloomberg, 英ポンド、メイ首相の演説後に上昇-2008年以来の大幅高

 

ポンド・ドルの長期的な買い場かも知れない・・・

 

さて、大学院生向けの1月6日のつぶやきメッセージ。

 

『ですが、まずは目先110-112円。少し長めには見て100円。但し、雇用統計などで多少の上下あり。』

 

そして、昨日の昼のつぶやきメッセージではこう書きました。

 

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。