おはようございます。

 

Shortmanです。

 

今朝はいろいろと騒がしいです。

 

昨日気になると書いていましたが、本日いきなりかと。

 

***************

気になるのはこのニュース。

 

Bloomberg, 米財務長官、法人税減税の開始が遅れる可能性排除せず-インタビュー

 

ロイター, ライアン米下院議長、法人税減税実施先送りの可能性に含み

 

法案がどうなるのかとりあえず本日9日に上院の案が示される予定です.。

 

ロイター, 米財政赤字、10年間で1.7兆ドル拡大 共和減税法案で=CBO

 

アメリカも財政赤字の拡大は避けられず、だんだんと日本化してきていますからね。減税策に慎重になるのもわかります。

***************

 

Bloomberg, 【NY外為】ドル続落、2週間ぶり安値-上院の税制案や株安受け

 

ロイター, ドル下落、上院共和党の税制改革法案の内容受け=NY市場

 

騒ぐことではない。

 

まだまだ序の口、宵の口、可愛いあの子はおちょぼ口。

 

原因は上院共和党の提出した税制改革法案の内容が判明したからだ。法人税減税の実施は2019年に先送りされる一方、医療保険制度改革法(オバマケア)に定められている個人の保険加入義務付けは廃止されないという。

 

Bloomberg, 米上院共和党:法人税減税を19年に先送り-税制改革案を公表

 

ロイター, 米法人減税先送り、上院共和党の改革法案に=議員

 

減税が遅れることだけでなく、実施そのものが危うい状況になる可能性も捨てきれない。

 

 

さらに米下院の税制改革法案は上院のそれとは違う内容になっている。

 

Bloomberg, 米下院の修正税制法案、レパトリ税率引き上げ盛り込む

 

ロイター, 米下院歳入委員長、税制改革法案の微調整提案

 

ロイター, 米下院委、税制改革法案を承認

 

この先はまだまだ不透明感が山積みのままだ。

 

もはやトランプ氏が公約に掲げていた減税案はほとんど骨抜きにされて、別のものになってしまうかも知れない。減税策を期待して株価が上昇してきたとするならば、FRBが利上げを行い、バランスシートの縮小を実施する中で、この先の株高にはかなり慎重にならざるを得ない。

 

骨抜き・・・

 

2017年3月28日の為替日報の私の記事を再掲しておこう。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。