おはようございます。

 

Shortmanです。

 

前々から世界の金融市場に影響を与えているのはFRBで、日銀は全然影響力が無いので、基本的には無視して良いというようなことを言い続けていますが、今朝はこんな記事がありました。

 

Bloomberg, 日銀はメダカ、株式市場では大海泳ぐ鯨にあらず-ソシエテGが分析

 

『今年に入ってからの数字でみれば、日銀は国内の上場投資信託(ETF)の約4分の3を保有していた。しかしソシエテ・ジェネラルの推計によれば、これは日本の株式時価総額のわずか3%にすぎない。流通市場でのプライシングからは、流動性を低下させている兆候は見られないという。』

 

確かに分析したのがソシエテなんでいささか読むのに抵抗がありましたが、読んでみました。

 

果たしてそうでしょうか?

 

5月25日のレポートを再掲しておきます。。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。