おはようございます。

事前予想通り昨日のFOMCは何もなく・・・

FRB, FOMC, Statement

バーナンキ禿爺さんも、言葉遊びの問題なんだけど、QE3を完全に否定するとQE中毒な投資家達が禁断症状に落ちいて株式市場が暴落するので、あまり市場を失望させないように上手にやっているよね。

前回:
“prepared to take further action(「一段の措置を適切に講じる用意がある」)”

今回:
“provide additional accommodation(必要に応じ追加緩和を実施する)”という

より強く緩和策を匂わせてるのはそういうこと。

他人様の意見も参考にしておきましょう。

ロイター, 米FOMC、追加緩和措置打ち出さず:識者はこうみる

さて、実はFOMCよりも大注目なイベントは本日のECB理事会。

ドラギECB総裁の言葉を信じて良いのか悪いのか・・・

審判の時です(笑)

それにしても、中央銀行の総裁というお立場で”Believe me(「僕を信じてちょんまげ」)”なんて言うんだから、一世一代の大博打です。

それほど欧州の金融情勢はヤバいのでしょうね。

でも、事前にリークされているニュースは・・・

ロイター, ECB総裁、ESMと協調し南欧国債買い入れる案を発表へ=報道

情報源が南ドイツの新聞ってのが可愛いですね(笑)

そうじゃなくて!

まぁ、結局はいつも通り問題の国の債券をESMで買うという話とECBで買うというになる訳ですね。

正直なところ真新しさはゼロです。

中銀に魔法の杖なんてないんだからさ。

それと、ドラギ総裁は何を考えているのであろうかということが大事だ。

通貨ユーロを救いたいのか?

ユーロ経済圏を救いたいのか?

ユーロ圏金融市場を救いたいのか?

債券投資家を救いたいのか?

イタリアを救いたいのか?

正直わからん。

でも、何をするにしても簡単じゃないよ。

Bloomberg, ECBは責務逸脱すべきでない、政府の期待過剰-独連銀総裁

バイトマン・ドイツ連銀総裁のお言葉は重い。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。