おはようございます。

このブログで前もって書いた通りの大失望なストーリーで・・・結果は「大凶」でしたね(爆)

Bloomberg, ドラギ総裁:ECBは債券購入について作業中-独連銀は慎重

ロイター, ECB理事会後のドラギ総裁の発言要旨

BLUFF・・・はったりですね。

何も難しい話ではなかったのですが、ドラギ総裁の話の前にユーロドルが勢いよく戻したことが悪かったですね。

ドラギのブラフに騙された(ふりをした)方々が相場を無理やり上げて、失望売りですから。

ユーロドルはP→R1→R2→S1→S2と上から下まで見事なまでに200Pips以上の下げまで見せてくれました。

まぁ、これも相場。

大波に乗れなくても大丈夫。怪我をしないことですから。

実はこのユーロの暴落を28日の時点できちと当ててくれていた方がおります。

もちろん私も彼の意見を参考にしておりました。

Bruce Krasting, Draghi – We Will Continue to Fight Until Everyone is Dead

”An interesting outcome of the Draghi comments is that the Euro ended the week north of 1.2300 (up 1.5%). Whatever chance the EU may have, it is dependent on a weaker Euro exchange rate. In my book, Mario’s words have set the EU back, not forward. A week ago I swore (Link)I would be out of FX until we got into late August. The silliness of the last few trading days changed my mind. I bet all of my recent FX gains on a short EURUSD option strategy. I missed a big blip that got the Euro above 1.2400, and ended up with a fill a bit over 1.2300”

ユーロドルのオプション売りまくりだったようで。

今頃は勝利の美酒でしょうね。

でも、Bruceさんは相当な自信があったんでしょう。

今年の為替の儲けを全部賭けたなんですからね。

しかも、1ユーロが1.24ドルを超えたとこでオプションを売れずに、1.23をちょい超えたとこで売ったことを悔しがるなんて・・・

Bruceさんはマジで凄いと思います。

さて、今度は雇用統計。

まぁ、どんな結果が出ようとドル買いしか方向が無くて、1.20割れたりなんかしたりして。その後買い戻しで若干値を戻す・・・

もちろん期待です。。。

ちなみにBruceさんはまだもう少しの間はユーロを買い持ちにできないとのこと。

Bruce Krasting, A Hint From Draghi on the Euro?

I would not be long the Euro for a bit, just in case. And yes, I’m talking my book. From a week ago (Link):”

期待膨らみます(笑)

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。