おはようございます。

昨日は米雇用統計発表の日。

【指標】米労働省が3日発表した7月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比16.3万人増となり、市場予想の同10万人増よりも強い。また、失業率は8.3%となり、市場予想の8.2%よりも弱い。

非農業部門雇用者数

非農業部門雇用者数

失業率

失業率
出所: Econoday, Employment Situation

 

強弱まちまちの展開だが、市場の反応はどちらに転んでも上げだったかなということだったようで。

個人的にはドル買いを予想したのだが・・・残念。

予想より強ければリスクオン。予想より弱ければQE3期待でリスクオン。

ユーロは売られ過ぎな部分もあるし、何らかの対策を出そうという雰囲気もあるし、ドイツの姿勢も少しは緩くなりそうだし、8月は上げ上げモードになるかも知れませんね。

良い週末を!

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。