おはようございます。

昨日はFOMC議事録が公表されました。

Minutes of the Federal Open Market Committee

Many members judged that additional monetary accommodation would likely be warranted fairly soon unless incoming information pointed to a substantial and sustainable strengthening in the pace of the economic recovery.

びよ~ん!

ロイター, ドル下落、FOMC議事録受けて追加緩和の公算高まる=NY市場

円高・ドル安!

むむむっ。。。

ロイター, FRB、景気急回復なければかなり早期に追加緩和の公算=FOMC議事録

米国は経済指標上のデータは悪くない。

ここで緩和するのか・・・

恐ろしいなFRB。

間違いなく、根性と責任感が無いサラリーマンな日銀な連中にはできないな(苦笑)

でも、一瞬だが「それとも何か良くないことが起きようとしているのか?」と考えてしまった。

つまり、何かとんでもないくらい悪い事態が起こり得りそうなので(例えば、LIBOR詐欺事件)、先回りして、金融機関を救済しようとしているのかも知れない等、いろいろ考えてしまう。

FRB側の早期の実施には経済状況の改善が無ければと条件もあり、無条件に早期に実施される公算が高い訳ではない。

慌てるなと。

FRB側が考えるa substantial and sustainable strengthening in the pace of the economic recovery.のレベルは依然として不透明。

このレベルは政策担当者の手の中にある。

個人的には、米国は大統領選挙が控えているので、選挙結果がわかるまでは何もできないと思っている。

何もできないとわかるとマーケットはネガティブに反応するの危険性が高い。

量的緩和中毒な連中は麻薬中毒患者と同じ。

常に欲しがる。

だから今回の議事録にはこうしたことが書かれることをわかった上で、議題にした可能性もある。

量的緩和の余地はあるんだからねというメッセージだろう。

でも、これでジャクソン・ホールでのバーナンキ爺さんの講演内容も察しがつく。

識者の方々の意見もどうぞ。

ロイター, 米FOMC議事録:識者こうみる

う~ん。。。

量的緩和を実施する方も量的緩和したい中毒なのかも知れないな(笑)

あっぱれ!

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。