こんにちは。

最近、ドル円の動きを注視しています。

政治経済的には・・・

FRBによる量的緩和の動向、中国金融危機の動向、それらがどのように世界経済へ波及するかが気になるところです。

チャート的には・・・

ドル円は今後下げそうな気がしてならないですね。

月足でボリンジャーバンド上限を超え続け、RSIも70を超えた。これは大きな円高が起こるチャンスだと睨んでいる。過去20年の間にも滅多に出現しないチャンスだ・・・と思っています。

ドル円

 

過去2回とも大きな下げが確認されています。もしかして歴史は繰り返す・・・かな?

ドル円(過去)

1997年5月~6月の2ヶ月で約16円円高になり、1998年8月~10月の3ヶ月では約36.50円の円高となっています。

もしかして今回も・・・

なんて不順な気持ちが起きてくるのが人間というものだ (^0^))

秋頃にかけて何かあるかな、そして本番は来年以降にと思わずにはいられない。

それも全ては勘なんですけど。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。