明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

今年も宜しくお願い申し上げます。

 

今年を振り返ると正直な感想はこれでしょうか。

 

「安倍ノミクス効果がこれほどまで大きくなるとは思わなかった。」

 

特に日銀の量的緩和政策の効果、つまり、個人的にはアナウンスメント効果というかコミットメント効果によるところが非常に大きいと思っています。

 

今までも先進国の中では中央銀行のBSと比較して一番量的緩和をしてきたのが日銀でしたが、白川総裁と民主党政権では、市場参加者はもちろん、国民、世界の人々の信頼を勝ち得ることができなかった。

 

それが、安倍総理の強いリーダーシップと黒田日銀総裁(と岩田副総裁)の誕生で一気に信頼を勝ち得たことが大きいのであろう。

 

縁があって慶應義塾の池尾和人教授と現・日銀副総裁の岩田規久男学習院大学教授に金融を教わったことがある。

 

ところが、この両者は金融政策に対する考えが180度違う。

 

池尾教授はリフレ政策に懐疑的。岩田教授はリフレ派。

 

当然ながらその考えは日銀の役割に対しても違う。詳しい説明は割愛するけど、「非伝統的な金融政策である量的緩和は財政政策」。財政政策は政治家の仕事であり、そんな政治判断を日銀にさせるべきではないというのが池尾教授の考え。

 

一方の岩田教授は日本経済の低迷は全てデフレが原因なのだから、デフレを起こしているのは日銀の金融政策が無能だからで、デフレ脱却の為には手段を選ぶな的な主張。

 

個人的(そして、恐らく理論的)には池尾教授が正しいのではないかと感じる。だからといって中央銀行が手を拱いて待っているだけではいかんだろう的な岩田教授の考えも気分的には理解はできる面もある。

 

予測できない・・・これが社会科学としても経済学の科学たり得ない部分であり、限界なのだ。

と思いつつ、まぁ、どちらが正しいかは歴史が判断することなんだが、短期的には、というか政治経済的には「岩田教授のリフレ政策」が功を奏しているように見える。

 

相場的には「勝ち馬に乗れば良い」。ドル・ロング!

 

一般的なことだが、何かを得れば何かを失うもの。リフレ政策・日銀の量的緩和の副作用が何か・・・これまた将来にならないとわからない。その意味で経済学ほど曖昧な学問は無い。そして、そう理解したのは博士課程の時だから自分はどんだけ頭が悪かったのか・・・

 

日銀の緩和スタンスに変更はないので、円安(ドル高)・株高なんだろう。

 

しかし、邪心が働く。

 

① 全世界がドル総ロング

② 尖閣諸島周辺で支那と有事

③ 米国がいつまでも日本の円安政策を放置してくれる訳が無い(靖国参拝で微妙)

④ 安倍ノミクスの化けの皮が剥がれる

 

でも、すぐか?と問われると・・・タイミングはいつもわからない。

 

先月の予想は「この円安傾向は年末に向けて継続かなと。」でした。

 

12月はその通りなな展開でした。

 

ただ、長期シグナルはMAX SELLではないですが、SELL継続サインが出てます。

 

1月の予想レンジは103円~108円です。

 

ちなみに2014年の年間超勝手な予想レンジは80円~120円と幅広い。

 

「1月、2月は円安、3月は円高、5~7月は円安、8月は円高、9月、10月に支那周辺で大きな経済危機が起きて超円高(起きなければそのまま12月まで円安)、11月、12月は円高を維持したまま」

 

どう?相当お酒飲んでるけど。

 

新年早々こんな予想を立ててみました。

 

今年も宜しくお願い申し上げます。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。