おはようございます。

Shortmanです。

 

今週20日と21日にとうとう日銀の政策決定会合と連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されますね。黒田日銀総裁は「総括的な検証」を行うと言っていますが、今まで蜜月な関係を構築してきた銀行・保険業界を敵に回すようなことはなかなかできないと個人的には思っていますが、どうでしょうか?

 

「総括的な検証」について私はこう考えています。

 

応用経済学が理解できない、教科書暗記的な経済学をまともに信じている少し浮世離れした(≒馬鹿な)連中が、流行り文句のようにリフレ政策を掲げ、効果があるかどうかもわからないし、それどころか弊害や副作用が大きく、出口戦略も描けぬままに、実際に金融政策に取り入れて、大胆な金融緩和策で物価を動かそうとした。

 

しかし、全然結果が出なかった。

 

失敗した。

 

普通ならここで誤りを認め、どうして物価が上昇しなかったのかを検証するはずなのだけど、黒田日銀総裁は独裁者だから、誤りを認めるどころか、反省すらしていません。

 

例えば原油価格が急落したから物価が上昇しなかったとか、金融緩和は有効だったけど、海外要因や金融政策の波及経路に問題があったとしてしまっている。

 

そもそも自分で自分の行いを検証すると言って自分に厳しい検証をする馬鹿はいない。だからこの検証の結果は、最初から無意味なのだということはわかっていた。

 

黒田日銀総裁と中曽日銀副総裁(中曽氏は、岩田日銀副総裁と同じく小宮隆太郎の教え子)なんだけど、中曽氏や岩田氏が若い小宮隆太郎から頃学んだマクロ経済学の枠組みだけでは世の中説明できないです。

 

実際の世の中と応用経済学の面白いところは、経済学の基礎を学ぶ教科書に書いていることがほとんど起きないということを教えてくれることだと思う。その教科書の理論に固執して年を取ると、岩田規久男氏のように現実がわからないまま、空論を実践理論と誤解してしまうのかも知れない。

 

先週12日の週報にこう書きました。

******************************

一方で日銀はFOMCと同日に行われる金融政策決定会合では「総括的な検証」が行われる予定だが、黒田日銀総裁と中曽日銀副総裁の最近の講演から、基本的に緩和縮小は無く、マイナス金利も有効と考えていることから、マイナス金利の深堀をすすめる一方で、金融機関の収益悪化を回避するために、イールド・カーブのスティープ化(購入総額を減らさずに、短期・中期ゾーンの国債購入を増やし、長期ゾーンの国債購入を控えることで、長期の利回りを上昇させる)を目指すオペレーションを行う可能性が強い

 

ロイター, マイナス金利下限に「かなり距離」、量・質も緩和余地=日銀総裁

 

『黒田東彦日銀総裁は27日、米ワイオミング州ジャクソンホールでの年次経済シンポジウムで講演し、日本のマイナス金利水準である0.1%は下限に「かなりの距離」があると述べ、さらなる深掘り余地を示唆した。』

 

Bloomberg, 黒田日銀総裁:総括的検証の実施を説明、外債購入触れず-首相と会談

 

『黒田総裁は5日、都内で行った講演で、総括的な検証について、「緩和の縮小という方向の議論ではない」と強調。量、質、金利の各次元での拡大は「まだ十分可能だ」と述べるとともに、「それ以外のアイデアも議論の俎上(そじょう)から外すべきではない」と語った。

 

一方で、マイナス金利について「金融仲介機能に与える影響についても考慮する必要がある」としたほか、「マインド面で、人々の間に広い意味での金融機能の持続性に対する不安をもたらし、経済活動に悪影響を及ぼす可能性には留意する必要がある」との認識も示していた。』

 

Bloomberg, 中曽日銀副総裁:必要ならどんな修正が適当か判断-総括的検証

 

『中曽氏はマイナス金利付き量的・質的金融緩和について「国債や貸し出し・ 社債などの金利は大きく低下し、その面で顕著な効果を発揮している」と述べつつも、「同時に、この政策は金融市場の流動性や金融機関の収益などにも影響を及ぼしている」と指摘。こうした政策の効果と影響についても検証すると語った。』

 

『中曽氏は講演後に記者団に対し、このタイミングで総括的な検証を行う理由について、「量的・質的金融緩和を開始して3年半経過しており、ここで何がうまく行って何がうまく行かなかったか、うまくいかなかったのはなぜなのか、十分に時間をかけてまとめて検証する」と語った。

 

2%の物価目標については「下ろさない」と言明。その一方で、当初、「2年程度を念頭に」物価目標を達成するとしたコミットメントを修正するかどうかについては、「既に2年は経過しているので、その論点はあまり意味のある議論ではないのではないかと思う」と述べた。

 

日銀による外債購入については、日銀の金融政策は「物価安定目標の達成、つまり国内目的のために行われている。為替を安定させること、為替相場を目的にしているのではない」と指摘。「為替相場の安定を目的とする外為の売買であれば、財務大臣が所管されている」と語り、否定的な見解を示した。』

 

しかし、マイナス金利への批判をかわすために、イールド・カーブをスティープ化させたいのであろうが、それで円安になる訳でもなく、望み通りの結果につながるとは限らない。

 

結果が不透明な政策を強がって行い続ける黒田日銀総裁は、中央銀行家としてふさわしいかと言えば、決してそうではないと思う。できもしないことをできると言い、さらには、結果もどうなるかわからない政策を次々打ち出しては、ますます出口を見つけるのを難しくしてしまっているような気がする。

 

誰が後始末するのか・・・

******************************

 

黒田日銀総裁は、マイナス金利は効果があったと自画自賛しています。

 

『しかし、マイナス金利への批判をかわすために、イールド・カーブをスティープ化させたいのであろうが、それで円安になる訳でもなく、望み通りの結果につながるとは限らない。』

 

と私が指摘しておいたのですが、わかりますか?

 

黒田日銀総裁が望んでいること。

①銀行収益の改善

② 円安

 

日銀はイールド・カーブのツイスト・オペを行うことで、銀行のマイナス金利への批判を回避すべく短期金利を低めに誘導し、長期金利を高めに誘導する(イールド・カーブのスティープ化)オペを行いたいのであろう。

 

まず、日本の国内だけの要因だが、短期金利をさらに引き下げれば銀行収益は悪化する。長期金利を高めに誘導すると収益は改善する。そう、プラス・マイナスゼロになるかも知れないので、銀行全体で収益の改善には結びつかない可能性が高い。

 

ということで、①の効果は無い。

 

次に、米国は利上げ期待を背景とした金融引き締めと株安・商品安につながるドル高を避けたいので、FRBは長期金利を比較的に低めに誘導する(イールド・カーブのフラット化)オペレーションを行っている。

 

さらに、現状で日米実質金利差(米国の実質金利―日本の実質金利)はマイナスなので、日本の実質金利が米国よりも高い状況ですので、自然と円高になり易い。

 

そんな状況では、金融政策でイールド・カーブのスティープ化を日銀が打ち出しても、長期的な金利見通しが低い米国のドルが売られて、金利見通しが高い日本の円が買われてしまう可能性が高く、円高へ向かってしまうという

 

ということで②も効果ない。

 

以上から、

 

『しかし、マイナス金利への批判をかわすために、イールド・カーブをスティープ化させたいのであろうが、それで円安になる訳でもなく、望み通りの結果につながるとは限らない

 

と書きました。

 

わかりましたか?

 

リフレ三羽ガラス(黒田・岩田・中曽)の打ち出す緩和策に効果は無いって誰もがわかっているのに、性懲りもなくマイナス金利を深掘りすべく、小手先のイールド・カーブのスティープ化で誤魔化そうなんて100万年早ぇーよ!!!

 

と育ちの悪いShortmanは思っていますが、育ちの良い方々も不満が・・・

 

政府の御用聞きである日本のナンバーワン・バンクの三菱銀行の頭取に文句を言われ・・・

 

Bloomberg, 三菱UFJ銀頭取、日銀にマイナス金利の副作用検証を要望

 

『小山田頭取は15日、訪問中のシンガポールで、日銀と対立したり日銀に反対したりするわけではないとした上で、マイナス金利は長期的には実需を生み出したりポートフォリオの再配分を促すという意図した効果を生むかもしれないが、副作用もあると指摘。さらに、日銀がその副作用と実際に表れる様子を詳細かつ綿密に検証することを望むとの考えを示した。』

 

とうとう銀行協会会長(三井住友銀行頭取)にも文句を言われ・・・

 

ロイター, マイナス金利、7カ月経過しても実体経済への効果あまり表れず=全銀協会長

 

『全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は15日の定例会見で、日銀のマイナス金利政策について、「導入から7カ月が経過する中で、実体経済への効果はあまり表れていない」と述べた。

 

国部会長は、マイナス金利政策について、個人や企業の資金調達コストの低下などのメリットが生じているとしたものの、「企業や個人の運用収益の減少をもたらしている」とし、「顧客企業からは前向きな活動を促進するという声は聞こえていないのが現状」と語った。

 

銀行収益にもマイナスの影響を与えるとし、「(マイナス金利が)深掘りされれば、(預金口座手数料導入の)検討をしなければならない事態になる」と説明した。』

 

言いたい放題言っていますね。

 

よほど頭にきているんでしょう。

 

わかります。同情しますが、自業自得です。

 

おまけ・・・

 

生命保険協会の会長(明治安田生命の社長ということで三菱財閥)にも文句を言われ・・・

 

日本経済新聞, 根岸生保協会長、追加緩和「慎重に検討を」

 

『生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は16日の記者会見で、来週開かれる日銀の金融政策決定会合について「追加緩和の必要があるか慎重に検討してほしい」と述べた。2月に始まったマイナス金利政策は「(運用利回りの低下で)退職給付債務の増加や消費マインドに悪影響が出るなど副作用が大きかった」と指摘した。』

 

財務省出身の黒田日銀総裁が下手ばかり打つから、日銀官僚と財務省(官僚)とは蜜月な金融業界に苦言を呈されているという始末。

 

終わってます。

 

(※ここからは「独り言」。レポートを書いているShortman的には、金融機関側の言い分を理解するけど、一人の日本人として個人的な感情を言わせてもらうと、「甘えんな!」と金融機関には言いたいね。

 

銀行や生保業界の方々も収益が悪化するとか、儲からないとか文句を言う前に、あんたらのサービスの悪さをどうにかしなさいと(今時ネットで24時間送金可能な時代なのに、手数料までふんだくって窓口が3時までとかあり得ないだろう)。

 

24時間365日ネットと窓口サービスが利用できる銀行があったら喜んで手数料を払ってくれるユーザーってたくさんいると思うけどな・・・

 

そもそも銀行業界は預金集めと融資が基本で、それに決済サービス程度の事業モデルで、政府の規制にがんじがらめになっているという意味で、ある種の公共事業みたいなもんなのであるからして、ある種規制産業であるが故に、特権的な利益を享受してきた結果、サラリーマンの中では高級取りが多かった。

 

しかし、実際は金融サービスと言うある種公共サービスを提供しているだけの組織なので、高い給与をもらえていたのも政府のお陰で、それがマイナス金利で収益が悪化して政府にいちゃもんつける前に、社員を減らしたり、給与を減らしたり、もっとリストラしたら良いだけだろと思っています。

 

しかし、銀行屋ってのは、そもそも他人様の金を巻き上げて、勝手にそれで金を稼いで、なおかつ巻き上げている相手から手数料を取って金儲けをするような連中なので、身銭を切るようなことはしませんがね。マイナス金利で収益が悪化すれば、横並びで口座維持手数料とかをチャージでまた金を正々堂々と巻き上げようとするんだろうな。もちろん、自分たちの給与は下げるなんてことはせずにね。)

 

既に私は9月の日銀とFRBの金融政策に関する予想を何度も記載しております。

 

日銀の政策に大きな変更は無し。

 

******************************

Shortman的にはこう考えています。

 

⓪今までの金融政策に間違いはなかった。この姿勢は崩さないだろう。

 

①マイナス金利の深堀はあるかも知れない。しかし、金融機関の収益悪化が確認されていることと、将来の手段として温存したいはず。

 

②緩和を維持する姿勢は保つ。しかし、出口を困難にし、国債市場を不安定化させている副作用が出始めているので、年間80兆円という枠を70兆円~90兆円というレンジに変更する可能性があるが、これは出口戦略と受け止められる。さらには、金融機関の収益悪化を回避するために、短期金利を低めに誘導し、長期金利を高めに誘導する可能性が高そうだ。

 

③ETFやREIT、社債の購入があるかも知れない。しかし、景気には何の役にもたっていないし、市場を歪めているだけなので、無駄なことはしないかなと。

 

④外債購入はできない。支那や朝鮮の緊張した情勢を考慮し、ジャイアン(米国)が「円安誘導するな馬鹿野郎!」と思うようなことはできない。

 

⑤ヘリマネはない。財政法第五条で禁止されているので、法改正をするには時間が掛かり過ぎる。そもそも大幅な増税をする余地がまだまだあるので、今すぐはあり得ない。

 

まぁ、何をしても円高でしょう。

 

そもそも実質金利差が日本が米国より大きくて、経常収支も、貿易収支も黒字という大きな経済的背景があるのと、アメリカがドル高を望んでいないでしょうから。

 

今回の会合で何が出されるか知りませんが、個人的にはインフレ目標を掲げることにすら意味があると思っていません。

 

私が日銀にお願いしたいのは、金融当局として金融調節のルールを守ることと、できないことをできると言わないことだと思う。

 

これ以上、高学歴馬鹿な連中のお遊びで、日本国民生活を犠牲にするな!っての。

 

今回の日銀政策決定会合で出される「総括的な検証」では、今までの黒田政策に間違いはないけど、いろんな理由をつけて何もしません!てな感じかなと。

******************************

 

そして、FOMCは利上げなしと予想。

 

8月18日の私のレポートから何も変わらない。

 

******************************

個人的にはこう考えています。

 

先月公表された第2四半期の米GDPの数字を見て、雇用よりも経済活動に焦点が移っていると私は説明していますが、今回の内容もそれを裏付けるもので、雇用のデータ的には既に利上げを行っていても不思議ではないです。しかし、FOMCのメンバーが、もう少しデータを蓄積して利上げのタイミングを計る必要があると判断している背景には、米国の生産活動とインフレ率の伸びの悪さがあるからだと私は思っています。なので、仮に8月と9月の米雇用統計の数字が良くても、利上げが行われるとは思えません。恐らく、第3四半期(7~9月期)の米GDPやPCEデフレーター、米労働生産性指数等の数字を待ち、各種の製造業の景況指数、鉱工業生産、消費者物価指数(CPI)等を総合的に判断する必要があると思われるからです。

 

データを蓄積する期間が、7月の会合から9月の会合までの2ヶ月を意味するのか、それとも年内を意味するのかは誰にもわかりませんが、7月末の段階では、今すぐ利上げできる状況ではなかったということであり、さらには、将来的な利上げの時期を明言できるだけの経済データは揃っていなかったということになります。

 

9月の利上げはない。12月でもどうか怪しい。

******************************

 

先週金曜日に公表されたCPIは良かったが、鉱工業生産は悪かった。ISM製造業景況感指数、ISM非製造業景況感指数も悪かった。一つだけデータを取り出して利上げをするとは思えない。私が気にしているのは、ISM製造業景況感指数と労働市場情勢指数(LMCI)だが、ISMの数字が50を下回って利上げが行われたのは、1981年の一度しかなく、1981年はドル高を招いて景気は失速した。昨年12月に利上げした際も50を下回っていた。ISM製造業景況指数が8月は再び50を下回る中、このタイミングで利上げを行うとは思えない。そして、過去米国がリセッション入りした半年~1年半前には労働市場情勢指数(LMCI)の数値がマイナスとなっていたのだが、今年に入ってほとんどマイナスで推移している。ここで利上げをすれば確実にリセッション入りするであろうから、利上げはない。

利上げを今月しなければ12月の利上げを市場は織り込むのだが、市場は既に50%以上の確率で年内の利上げを織り込み済みなので、円高の流れは変わらない。また、仮に9月に利上げをしてしまっても、12月の利上げの可能性がゼロになるだけで、円高へ。結局は円高なのだ。

ということで、日本も米国も大きな変更は無し。

 

もちろん、この予想が外れるかも知れないが、金利をいじるくらいで円高の背景にあるマクロ経済的な流れは何にも変わらない。だから、しばらくすれば円高に戻るので心配ご無用。

 

21日にFOMCが終わるのだが、日本は時差の関係で9月22日(木)で、その日は日本市場が休場という。

 

 

先週9月12日週の概況:

FOMCを前に動かず。先週は今週に控えた日銀政策決定会合と連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、概ねもみ合いで、101.40円から103.34円と2円にも満たないレンジとなった。

ブレイナードFRB理事がブラック・アウト直前の12日に講演を行い、利上げについて慎重な姿勢を打ち出したことから、ドル円は一時101.40円前後まで急落した。日銀の追加緩和観測などもあり、103.34円まで円安に振れるが、原油安にNY株価も伸び悩む中、8月の米小売売上高や米鉱工業生産も悪く、再び円高へ。金曜日に8月の米消費者物価指数(CPI)が公表され、予想を上回ったことからドルに買戻しがはいって、102円台を回復して取引を終えた。先週の始値と終値だけ見れば、約40銭ほどの円高で終了している、

 

 

予想レンジ:

98.50円~103.50円

 

 

今週9月19日週の予想:

20日(火)・21日(水)で日銀政策決定会合と連邦公開市場委員会(FOMC)が行われます。前述したように両者共に大きな変更は無いと予想しておりますので、円高の流れが強まる可能性があります。ドル円は99円台を明確に下回り、98円台へ入っていけるかどうかに注目しておきましょう。

 

 

定点観測:

ダウとドル円

indu%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

ドル円と米2年債利回り

usdjpy%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

ドル・インデックスと米2年債価格

usd%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

VIX

vix%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

VIX:VXV

vxv%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

金価格

gold%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

原油価格

wtic%ef%bc%889%e6%9c%8819%e6%97%a5%ef%bc%89

では、今週も果報は寝て待てということで、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

Good Duck!

Shortman

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。