おはようございます。

 

Shortmanです。

 

月曜日のネタですが、大事な話なので本日掲載しておきます。

 

またアホなメディアが「1月の貿易収支、5カ月ぶり赤字 1兆869億円」というようなタイトルで煽っていた。恐らく政府というより経団連の輸出企業へのリップサービスで円安誘導したいから。都合良くマスコミが先導しているだけだと思います。トランプ大統領がFAKE NEWSと言いたくなるのもわかる。

 

日経, 1月の貿易収支、5カ月ぶり赤字 1兆869億円、輸入25カ月ぶり増加

 

日経がこれだもんな終わっているよ。

 

財務省が公表しているデータをよく見た方が良い。貿易収支は原数値では赤字でも、季節変動要因を考慮した季節調整済データでは依然として貿易黒字は継続中。どれくらい黒字が継続中かというと、2015年の10月以降ずっとです。

 

財務省, 平成29年1月分貿易統計(速報)の概要

 

経済統計データは全て公表元のデータを自分の目で確認しましょう。

 

(てか、昨年から私のレポートを読んでいる人は、私が貿易収支のグラフを作成した際に、季調済のデータを用いていることに気が付かないといけない。また、先週の大学院の講義でもデータを見せています)。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。