おはようございます。

 

Shortmanです。

 

あくまでも個人的な妄想ですが、少し前に「Trumput」だとか名前を付けて、今年のプットは面白いと書いた。

 

2017年2月1日のレポート。

****************

トランプ大統領を私は「破壊者」と呼んでいる。その裏側にはバブルの崩壊が近いと睨んでいるからだ。バブル崩壊の引き金を引く運命の人物こそが、破壊者であるトランプ大統領なので!

 

「トランプ大統領時代の投資戦略:プット・オプションを買え!」名付けて、「トランプット(Trumput)・ストラテジー!」・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

***************

 

今年の株式市場はクラッシュする可能性があるので、プット・オプションを株価の高い今の内に買っておくのが良いかなと思います。オプションの買い持ちをガンマ・ロングと言っており、オプションを買っておけば、サルにはできないけど、人間なら小学生でもできるトレードです。

 

オプションの買い持ちでは、損失は購入したオプション価格だけです。例えば株式市場がこんご暴落すると予想して、日経平均のある価格(行使価格)よりも値を下げると予想して、その行使価格のプットを購入したとしましょう。数か月後に日経平均がその行使価格を超えて、購入したオプションの価格以上に値下がりすれば、そこから先はウホウホになります。逆に、その期日までに日経平均が値下がりしなければ、投資額がゼロになるだけの話。

 

まぁ、滅多にプットでぼろ儲けするチャンスはないのですが、過去の自分の経験で言うと、宝くじを購入しとくようなもので、期日が先でアウト・オブ・ザ・マネーのプットが、数円~数十円であれば定期的購入しておくのも面白いかなと思っています。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。