おはようございます。

 

Shortmanです。

 

昨日は急な仕事で移動が生じてしまい、レポートが出せなくてもご迷惑をお掛けしました。

 

書くほどのニュースも無かったので、ちょうど良かったかも知れませんが、期待してくれていた皆様、申し訳ございませんでした。

 

さて、昨夜は第4四半期の米実質GDP(確報値)が公表されました。

 

米商務省経済分析局(BEA)が昨日公表した、2016年10~12月期(第4四半期)の米実質GDP(確定値)は、速報値の前期比・年率換算1.9%増から同2.1%増へと上方修正され、市場予想の同2.0%増加よりも強かった。

出所: Econoday, GDP

 

今回、米国経済で最も大きな部分を占める個人消費が前期比・年率換算3.5%増となり、改定値の同3%から上昇修正され、GDP全体への寄与度も2.4ポイントとなり、改定値の2.05ポイントから上方修正されたことが上方修正に結びついたと言えよう。

 

利上げ期待でドルの買戻しになりますが、あまり期待しない方が良いですよ。

 

もうアメリカ政府には金がないので、NY株価もそれほど大した戻りにはならないでしょうからね。

 

 

さて、昨日のGDPなんですが、ちょうと補足しておきます。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。