おはようございます。

 

Shortmanです。

 

最初は来た!挑戦!ネタから。

セミナーで「以前ならアメリカ人は北朝鮮とか韓国とかの国の場所なんか全く知らなかったが、トランプ大統領になりミサイルが飛んで来そうになったからようやくアメリカ人も知るようになったのではないか」というようなことを言いましたが、実際はどうなんでしょうか?

 

昨日のNew York Timesにこんな図が掲載されてましたよ。

 

Where is North Korea? Here are guesses from 1,746 adults:


Just 36 percent got it right. Here are the countries they selected:


出所: NYT, If Americans Can Find North Korea on a Map, They’re More Likely to Prefer Diplomacy

 

おー!

 

36%もの人々が北朝鮮の正確に場所を示すことができましたね。

 

36% しか知らないと判断するのか、それとも36%も知っていると判断するのか意見の分かれる所ですが、以前ならもっと少なかったと思うけど、ミサイル実験ばかりするから少しは気にし始めたのかなと私は思います。

 

さて、北朝鮮にも遊ばれているトランプ大統領ですが、今後の財政問題の難しさや、政策の実行可能性、政権運営の困難さを示すようなニュースネタがあったので、暇潰しにどうぞ。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。