おはようございます。

 

Shortmanです。

 

まだ梅雨入り前ですが、暑い日が続きますね。

 

少し気になるニュースがあります。

 

ロイター, 早期の利上げ予想、軟調なインフレを注視=ブレイナードFRB理事

 

『ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事は30日、利上げはおそらく早期に行われる見通しとする一方、最近の軟調なインフレ指標が継続するようであれば、FRBは利上げを遅らせることが望ましいとの考えを示した。』

 

株価や不動産バブルは起きるが、どうも望ましいインフレ率が達成できないでいるようだ。

 

後半に個人的な解説を行うが、以前からレポートで主張しているように、インフレは極めて財政的な要因で起きるので、量的緩和を継続してもインフレは起きない・・・

 

今年のFOMCの議決権は無いですが、個人的には「まともだ」と思っている地区連銀総裁の一人であるセントルイス連銀のブラード総裁の最近の発言をまとめてみました。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。