おはようございます。

 

Shortmanです。

 

嫌な雰囲気が漂っています。

 

ロイター, 北朝鮮がICBMの発射成功と発表、米アラスカに届く可能性も

 

これを受けてビシッとした対応を取るべき日本は静かなままで、親分である米国がいろいろと動いてくれているようだ。

 

ロイター, 北朝鮮に「厳しい」対応を検討=トランプ米大統領

 

どんな厳しい対応だろうか?

 

Bloomberg, 米当局が主要銀行8行から北朝鮮関連資金の差し押さえへ

 

こんだけ?

 

しかも、マティス米国防長官は意外に大人しい。

 

Bloomberg, 米国防長官:米国と北朝鮮は戦争に近づいていない-ICBM発射後も

 

北朝鮮の後ろに見え隠れしている中国やロシアの存在のせいか?

 

ドル円に関してこのニュースはミサイルが発射される度にネタになるものの、その度に毎回忘れ去られるテーマだが、綺麗に無くなることは無く、常に燻ぶり続けるテーマで、このテーマが消えない限り、安心してトレードは出来ない。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。