おはようございます。

 

Shortmanです。

 

おっ、懲りない奴がまた何か書いているな・・・

 

おー! 早晩ドル高になるのか!!!

 

ロイター, コラム:米FRB巡る誤解、早晩解消でドル高へ=池田雄之輔氏

 

『中国景気を注視しつつも、2017年末のドル円は120円と、ドル高・円安の展開を予想している。とはいえ、米国の次の利上げは早くとも12月FOMCである。先行きの利上げ期待が本格的に高まり、ドル円が115円を突破するタイミングは9月以降に持ち越されると考えている。』

 

持ち越し・・・って、予想が外れているだけじゃないか!!!

 

今年の6月28日に相場の予想が当たらないアナリストの面々の記事を書きました。

 

***************

私がいつも大手金融機関の無責任なアナルリストの連中を批判していますが、単に批判ばかりしている訳ではありません。

 

例えば、2015年12月に昨年2016年のドル円相場を予想した方で130円まで円安が進行するとか超無責任で出鱈目なことを書いていたのがいます。こういう連中のレポートは頭を悪くするので目を通すのも危険です。

 

例:

 

ロイター, コラム:円高説は根拠薄弱、来年ドル130円も=村田雅志氏

 

ロイター, コラム:黒田ラインは幻想、ドル130円許容へ=池田雄之輔氏

 

2016年のドル円相場を振り返れば、某村田雅志の方がはるかに薄弱ではないかなと。

 

一方で、まともな予想屋もいますよ。

 

ロイター, コラム:ドル110円視野へ、国際収支も円高示唆=亀岡裕次氏

 

ロイター, コラム:2016年は円高へ、ドル110円も=佐々木融氏

 

ちんと論理だって分析すればドル円なんてそんなに難しい話じゃない。しかし、大企業の出鱈目な連中は学歴と経歴で投資家を欺く。

 

残念なことに今年に入ってからも出鱈目な情報を垂れ流し続けている。

 

ロイター, トランプ円高は妄想、側近論文にヒント=村田雅志氏

 

ファンダメンタルズから考えれば、ドル円相場はむしろドル高・円安基調が続くとみるのが自然だろう。今週行われたイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長による議会証言では、FRBが利上げを中心とする金融政策の正常化を目指す意向が強いことが改めて示された。米景気は堅調地合いを強めており、ニューヨーク連銀の経済モデル「ナウキャスト」によると、第1四半期の米成長率は3.1%と、前期(1.9%増)から大きく加速すると予想されている。

 

また、1月の製造業購買担当者景気指数(PMI)をみると、米国だけでなく、日本、ユーロ圏、英国など先進各国はいずれも改善方向で推移しており、株式市場は米国を中心に堅調地合いが続いている。こうした状況下で、トランプ政権の保護主義的な姿勢を理由に、いわゆるリスクオフを主因とした円買いの動きを期待するのは無理があるように思われる。』

 

あんたの妄想コラムの方が無理があるだろう!

 

You’re Fired!!!

 

懲りない面々は同じ。

 

ロイター, コラム:トランプ氏の円安誘導批判は「空砲」=池田雄之輔氏

 

『重要なのは、米国経済の強さであり、2017年は2回ないし3回の利上げが想定できるという事実である。金利が急上昇するなどして株価が大きく崩れる場合には、ドル円相場が金利差からかい離することもあり得るが、あえて現時点でメインシナリオにする理由もない。2017年末のドル円相場は、米利上げが2回なら120円、3回なら125円との予想を維持している。』

 

あんたのコラムの方がはるかに空砲だ!

 

こちらもYou’re Fired!!!・・・だね。

 

ロイターのコラムで読むべき人々は数人。その内の一人である三菱東京UFJの内田さんのコラムが掲載されたので、読んでおいた方が良いでしょう。

 

ロイター, コラム:円高示唆する米金融政策正常化の落とし穴=内田稔氏

 

『それでも、正常化が米経済に対する落とし穴となり得るだろう。なぜなら、FRBのバランスシート縮小によって、米国内外のさまざまなアセットクラスにおいて、影響が顕在化する可能性が低くないためだ。その場合、マインド悪化を通じ、米経済への下押しとなり得よう。

 

例えば、米国内ではFRBのバランスシート拡大と合わせ、株式相場の上昇や不動産市況の活況が続いてきた。また、国外でも新興国の外貨準備高拡大が、2014年のFRBによる量的緩和縮小(テーパリング)開始までは続いた。しかし、テーパリング開始後、各国とも資本流出圧力に直面し、外貨準備を取り崩して、通貨安に対抗した経緯がある。』

 

KKD!(ここ大事!)

 

正確な分析と丁寧な説明。

***************

 

学歴と経歴に騙される読者が悪いので、ここでわざわざ取り上げテーマでもないのですが、当たるまで逆張りを続けそうなので、暇潰しにネタにしてみました。

 

でも、私がこの週報でわざわざ野村證券の池田何某のコラムを取り上げているのは、批判するためではない。

 

読む価値は無いとわかっているから何も批判する内容でもない。

 

しかし、先週の27日の為替日報でFOMCの声明について触れたので、今回のコラムにはちょいと気になる部分があった。

 

注目されたインフレ状況についての声明文の表現は、第1段落で下方修正があった。「食品・エネルギーを除く指標などが・・・2%をいくぶん下回る」との表現が、「総じて・・・2%を下回る」と書き換えられている。物価指標が、前回会合時点に比べ、より広範に弱まっていることを素直に表しているのは確かである。

 

しかし重要なのは、この第1段落はあくまで現状の「描写」であり、「判断」ではないという点だ。その証拠に、第1段落の主語は全て、「雇用増は」とか「家計支出は」となっている。「FOMCは」「委員会は」どう考えている、といった主観的なコメントではないのだ。

 

逆に、FOMCの判断と見通しが示されるのが第2段落である。ここでは、インフレ率が中期的に「2%の目標に向かって安定すると見込まれる」との文言がそっくりそのまま維持された。第2段落は1文字も変更されていない

 

なお、バランスシート縮小策のタイミングについては「年内」が「比較的すぐ」と言い換えられ、9月会合で政策発表する意向が明らかとなった。この点が、一部で「バランスシート縮小は、利上げ停止を意味する」との見方につながった可能性はゼロではない。しかし、9月のアクションは既定路線であったし、本来バランスシート縮小を嫌うはずの米株市場がほとんど反応しなかった。やはり「物価判断がハト派的」との誤解が金利低下の要因だろう。』

 

いくつか冷静に分析をしないといけないので、再度7月28日の私のレポートを掲載しておきます。

 

***************

昨日はFOMC終了後に声明が公表されました。

 

FOMC Statement

 

最初に6月と7月のFOMCの声明を比較しておきましょう。

 

6月と7月のFOMC声明比較

 

2017年6月14日FOMC声明 2017年7月26日FOMC声明
景気・物価の現状

Information received since the Federal Open Market Committee met in May indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising moderately so far this year. Job gains have moderated but have been solid, on average, since the beginning of the year, and the unemployment rate has declined. Household spending has picked up in recent months, and business fixed investment has continued to expand. On a 12-month basis, inflation has declined recently and, like the measure excluding food and energy prices, is running somewhat below 2 percent. Market-based measures of inflation compensation remain low; survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.

 

 

 景気・物価の見通し

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee continues to expect that, with gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace, and labor market conditions will strengthen somewhat further. Inflation on a 12-month basis is expected to remain somewhat below 2 percent in the near term but to stabilize around the Committee’s 2 percent objective over the medium term. Near-term risks to the economic outlook appear roughly balanced, but the Committee is monitoring inflation developments closely.

 

 

金融政策(FF金利誘導目標)

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raise the target range for the federal funds rate to 1 to 1-1/4 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting some further strengthening in labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.

 

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. The Committee will carefully monitor actual and expected inflation developments relative to its symmetric inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

 

 

金融政策(バランスシート縮小)

The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee currently expects to begin implementing a balance sheet normalization program this year, provided that the economy evolves broadly as anticipated. This program, which would gradually reduce the Federal Reserve’s securities holdings by decreasing reinvestment of principal payments from those securities, is described in the accompanying addendum to the Committee’s Policy Normalization Principles and Plans.

 

 

投票結果

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; Charles L. Evans; Stanley Fischer; Patrick Harker; Robert S. Kaplan; and Jerome H. Powell. Voting against the action was Neel Kashkari, who preferred at this meeting to maintain the existing target range for the federal funds rate.

 

景気・物価の現状

Information received since the Federal Open Market Committee met in June indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising moderately so far this year. Job gains have been solid, on average, since the beginning of the year, and the unemployment rate has declined. Household spending and business fixed investment have continued to expand. On a 12-month basis, overall inflation and the measure excluding food and energy prices have declined and are running below 2 percent. Market-based measures of inflation compensation remain low; survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.

 

 

 

景気・物価の見通し

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee continues to expect that, with gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace, and labor market conditions will strengthen somewhat further. Inflation on a 12-month basis is expected to remain somewhat below 2 percent in the near term but to stabilize around the Committee’s 2 percent objective over the medium term. Near term risks to the economic outlook appear roughly balanced, but the Committee is monitoring inflation developments closely.

 

金融政策(FF金利誘導目標)

In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to maintain the target range for the federal funds rate at 1 to 1-1/4 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting some further strengthening in labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.

 

 

In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. The Committee will carefully monitor actual and expected inflation developments relative to its symmetric inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.

 

金融政策(バランスシート縮小)

For the time being, the Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee expects to begin implementing its balance sheet normalization program relatively soon, provided that the economy evolves broadly as anticipatedthis program is described in the June 2017 Addendum to the Committee’s Policy Normalization Principles and Plans.

 

 

 

 

 

投票結果

Voting for the FOMC monetary policy action were: Janet L. Yellen, Chair; William C. Dudley, Vice Chairman; Lael Brainard; Charles L. Evans; Stanley Fischer; Patrick Harker; Robert S. Kaplan; Neel Kashkari; and Jerome H. Powell.

 

 

簡単にまとめると以下の通り。

 

・インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測。ただ、インフレ率はコア・インフレ率を含め2%を下回っている。

 

・金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると予想。

 

・労働市場は引き続き力強く、経済活動は今年ここまで緩やかに拡大しているので、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている。

 

・バランスシートの正常化プログラムを比較的早期に開始すると予想。

 

・現状維持を全会一致で決定。

 

私の予測は簡単でしたし、完璧に近いですね。

 

① 金利引上 ➡ 変更無し(現状維持)◎ ➡ 現状維持。

 

② FRBのバランスシート縮小時期 ➡ 何らかの情報開示あるかも◎ ➡ 比較的早期に。

 

③インフレについて ➡ 何らかの意見が出るかも◎ ➡ インフレ率に関し全てにおいて弱いとの見方へ下方修正。

 

バランスシートの縮小の方法は6月のFOMCで公表された内容、つまり、『FRBが保有している債券償還資金の再投資額は、米国債を月額60億ドル、MBSが月額40億ドルづつ縮小して、3カ月ごとに上限を引き上げ、1年後には米国債が月額300億ドル、MBSが月額200億ドル縮小』ということになります。

 

FRBのバランスシート縮小時期に関して、「比較的早期に」実施するということで、あいまいさはのこりますが、私の予想では8月のカンザスシティ連銀が主催するジャクソンホールでの経済シンポジウムで、開始時期をより具体的に公表するのかなと思います。公表された場合、9月のFOMCで最終決定されバランスシートの縮小を開始する可能性もあるので、ここから先は慎重にFRB高官の発言を注視したいと思います。

 

また、利上げに関しては9月のFOMCで年内の再利上げがあるのかないのかの判断が示される可能性が高いとみています。

 

***************

 

では、第1段落を見てみましょう。

 

「inflation has declined recently and, like the measure excluding food and energy prices, is running somewhat below 2 percent. 」

 

という文面が以下のように変更となった。

 

overall inflation and the measure excluding food and energy prices have declined and are running below 2 percent.

 

6月のFOMCの声明では、「価格の変動が激しい食品やエネルギーを除いた指標(コア・インフレ率)などのインフレ率が2%をやや下回っている」と表現されていた訳ですが、今回7月のFOMCの声明では「価格の変動が激しい食品やエネルギーを除いた指標(コア・インフレ率)やインフレ率は総じて2%を下回り続けている」となっている。

 

微妙な違いなのでわかりませんよね。で、6月と7月の声明の文面の要点を比較してみましょう。

 

6月:インフレ指標の一部 ➡ 7月:インフレ指標全体

 

6月:やや2%を下回っている ➡ 7月:2%を下回り続けている

 

こうすると、今回の鬩い分は「ハト派的(弱気)」だなと思います。。

 

※「判断」ではなく「描写」だと指摘していますが、判断をする上での事実の把握が大事なので、そこを取り上げて騒ぐ意味がわかりませんね。

 

続いて第2段落を見てみましょう。

 

池田何某が「FOMCの判断と見通しが示されるのが第2段落」と書いているように、ここは非常に大事ですが、自分達の政策に誤りはないという姿勢を示し続けることも、中央銀行の金融政策当局の大事な仕事です。その意味で、現状の物価情勢や経済状況の判断が下方修正され弱気になりつつある中で、中央銀行当局はまだ大丈夫という強気の姿勢を維持し続けているだけだと私は考えています。

 

バランスシート縮小の時期は「年内」から「比較的早期に」に変更され、強気スタンスが強まった感があるものの、インフレ率の伸びが弱く、年内の利上げ見通しが下がっており、相殺された感があり、市場の反応はほとんどなかったです。

 

市場の関心は「インフレ率の伸びと利上げ」なので、今回の声明を素直に読む限り、インフレ率の文面の一部修正はやはりハト派的な内容と私は思います。

 

議事録が公表されると、FRBの高官達が何を議論したかわかりますのでそれまで待ちましょう。

 

2017年7月24日週の概況:

 

25日・26日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えてドル円はやや値を戻す展開となり、FOMCの声明を控えて26日には一時112.18円まで上昇した。その後FOMCの声明が公表されると、バランスシートの縮小開始を比較的早期に実現するとのアナウンスはあったものの、明確な開始時期を明示しなかったことや、インフレ率の伸びに関してやや弱気なスタンスが見受けられてドル売りに。さらに、共和党上院でオバマケア(医療保険改革法)の一部撤廃法案が否決されたことで、トランプ政権が掲げる財政改革や現在策への期待が剥げ落ちてきていることや、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル発射で地政学リスクが高まり、ドル売りが加速してドル円は一時110.53円まで下落した。

 

今週の予想レンジ:

 

108.50円~112.00円

 

2017年7月31の予想:

 

米議会ではオバマケアの一部廃案の法案でされ否決される状況に陥っており、トランプ政権が掲げる政策の実現可能性に大きな懸念が生じていることや、先週大陸間弾道ミサイルを発射実験を行った北朝鮮が、米国を射程距離に収めたと宣言したこともあり地政学的リスクが高まっていることから基本的にはドルには売り圧力が強い。他には、8月1日には7月の米ISM製造業景況指数、8月4日に7月の米雇用統計の公表が控えており、予想より強ければドル買いの動きを見せるが、一時的な反応に留まるであろう。

 

Shortman’s View:

 

面白そうなコラム。

 

ロイター, コラム:ブラックスワンは舞い降りるか、6つのリスクを考える

 

<1つ目のリスク、トランプ政策空振りへの失望>

<2つ目のリスク、FRB資産圧縮で米ローン延滞率急増>

<3つ目のリスク、アジア地区のドル建て負債が火薬庫に>

<4つ目のリスク、湾岸諸国が保有資産を大量売却>

<5つ目は、ECBの出口戦略と欧州金融システム危機>

<6つ目はアベノリスク>

 

ブラックスワンが起きるとすると以下の3つの要因が引き金になるのではないかと予想しています。

 

① FRBの引締め

 

② FRBの引締めに伴うECBや日銀の意図せざるを得ない引締め

 

③ 中国など新興国の債務

 

でも、ブラックスワンのことをネタにするような時にはブラックスワンは出現しないかな。

 

今週もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

Good Duck!

Shortman

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。