おはようございます。

 

Shortmanです。

 

昨日は失礼しました。

 

10日と月末はいろいろとバタバタしてしまうので、上手に時間を確保できない時がありますので、ご容赦下さませ。

 

一昨日のレポートにはこう書きました。

***************

少し地政学的なリスクが高まりつつあります。

 

ロイター, トランプ氏、北朝鮮をけん制 「米脅かせば炎と怒りに直面」

 

米国がああ言えば…

 

ロイター, 北朝鮮、グアムへのミサイル攻撃を慎重に検討=KCNA

 

北朝鮮がこう言う・・・

 

チンピラ同士の小競り合いです。

 

しかし、ここは冷静に考えましょう。

***************

 

『ここは冷静に考えましょう』と.

これは毒者の皆様に言った言葉ですが、当事者であるトランプ大統領や金正恩朝鮮労働党委員長が冷静に考える訳が無いですよね。

 

ロイター, 「炎と怒り」警告、十分強硬でなかった可能性=トランプ氏

 

では、次の一手は?

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。