おはようございます。

 

Shortmanです。

 

今年最初のレポートにこんなことを書きました。

 

「このお爺さんは世界のシステムを崩壊させるかも知れない」

 

やっぱりおっさんは私が見込んだだけのことはあります。

 

事の発端は8月12日米バージニア州のシャーロッツビルで発生した白人至上主義者と、これに抗議するグループが衝突して死傷者が出た事件に対するトランプ大統領の発言が問題に。

 

米国に少しでも住んだ経験がある人ならわかると思いますが、米国では人種差別に関しては日本人には想像できないほど神経質な国です。

 

“We condemn in the strongest possible terms this egregious display of hatred, bigotry, and violence on many sides, on many sides.

 

『今回表面化した憎しみや偏見、そして暴力は、多くの面において酷い。我々は激しく非難します』

 

“It’s been going on for a long, long time in our country. Not Donald Trump. Not Barack Obama. It’s been going on for a long, long time.”

 

『(差別は)米国が以前から抱える長期的な問題であり、私でも、オバマでもなく、ずっと昔からの問題だ』

 

と言うことで非常に曖昧。

 

トランプ大統領はリーダーとして人種差別主義者に対して猛烈な非難をしなかった。それによりトランプ大統領への講義が加速した。

 

Bloomberg, メルクCEO、「良心の問題で」大統領諮問委辞任-トランプ氏早速反撃

 

 

『米製薬会社メルクのケン・フレージャー最高経営責任者(CEO)は14日、米国の指導者らは憎悪や偏見、特定の集団による至上主義を拒絶し、米国が礎とする価値観を尊重しなければならないと主張し、企業幹部で構成する大統領製造業諮問委員会の委員を辞任した。』

 

これに対してトランプ氏はTwitterでこう揶揄している。

 

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。