おはようございます。
Shortmanです。
申し訳ございません。
本日、急用につきレポートはお休みさせて頂きます。
ただ、企業調査と三菱銀行の内田さんのコラムは目を通しておいてください。
『8月ロイター企業調査によると、日銀の2%物価目標について「達成不可能」との見方が昨年10月調査の25%から31%に増加した。コストの価格への転嫁に「二の足」を踏む企業が多く、政府の経済対策などの対応なしにデフレから脱却するのは難しいとの見方が背景にある。』
金融政策の限界を知らずに、物価が上昇するとか信じていた連中が多いことが驚きですね!
『日銀は、物価安定目標の達成時期をこれまで6度にわたって先送りし、現時点では2019年度頃としている。このため、日銀の長短金利操作付き量的・質的金融緩和は長期化すると見込まれる。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

 

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。