おはようございます。

 

Shortmanです。

 

先日次期FRB議長候補の一人であるジョン・テイラースタンフォード大学教授のことについて少しレポートで触れました。

 

個人的にはルールに従って金利を上げてしまいそうなテイラー教授が次期FRB議長に就任して欲しいと願っておりますが、こんなニュースが出てきております・

 

Bloomberg, テーラー教授、FRB議長職後任面談でトランプ氏に好印象-関係者

 

『次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長候補の1人、スタンフォード大学のジョン・テーラー教授は、先週のホワイトハウスでの1時間の面談でトランプ大統領に好印象を与えた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。』

 

フムフム。

 

ロイター, トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ=関係筋

 

トランプ大統領は19日にイエレンFRB議長とも面談する予定で、その結果次第で次期FRB議長が決まると私は考えております。

 

頑張れ、テイラー教授!!!

 

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。