おはようございます。
Shortmanです。

 

アメリカからの移動でレポートが遅くなりました。
またまたNY下げましたね。
ついでに日本も下げました。
利上げはバブル崩壊の引き金になると警告してきたのに・・・
僕は比較分析が好きなので、こうした記事を目にするとついつい読んでしまいます。
強気派、弱気派それぞれがポジショントークする(^_-)-☆
***************
<強気派>
◎ファンダメンタルの強さ
労働市場と企業収益が堅調だ。1月は就業者数が大幅に伸び、失業率は4.1%と、過去17年間の最低水準に下がった。金融機関の予想によると、S&P総合500種株価指数.SPXを構成する企業の利益は今年18.4%伸びる見通しだ。
◎ようやく起こった調整
株価は1月に高値更新を繰り返していたため、投資家は、上昇が長引くと調整も厳しくなると不安を募らせていた。LPLファイナンシャルによると、S&P500種指数は先月末時点で、5%以上下落しない営業日が396日続き、過去最長となっていた。
◎政策期待
米税制改革法が成立したことで、インフラ投資拡大の法案についても可決できるとの楽観論が高まっている。成立すれば、建設関連株の直接的な上昇要因になるだけでなく、経済全体に刺激効果がもたらされそうだ。
◎金利はなお低い
長期金利と政策金利が上昇しているが、そもそも出発点が極端に低いと強気派は指摘している。
◎長期見通し
ストラテジストは年末の株価予想を変えておらず、年初に比べて小幅な上昇を見込んでいる。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。