おはようございます。
Shortmanです。

 

最近ボラティリティが上昇しているが、主に株式市場に留まっているらしい。

しかし、GSの分析ではこの先は他の金融市場に動揺が拡大する可能性があるらしい。
『米銀ゴールドマン・サックス・グループによれば、株式相場のボラティリティーが高まっているにもかかわらず、オプション取引の状況を見る限り、プロテクション(リスク回避手段)を確保しようとする投資家の意欲は盛り上がっておらず、リスクヘッジの必要性が示されている。』
『ストラテジストらは顧客向けのリポートで、「リスク縮小へのシフトとボラティリティー上昇の見通しは、2018年のトレーディングのダイナミクス(力学)を変化させ、リスクヘッジに費やす時間の価値を高める可能性が高い。VIX急上昇と実現したボラティリティーは、株式市場以外の投資家の自覚を促すほど十分大きい」と指摘した。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。