おはようございます。
Shortmanです。

 

GW中であることと、FOMCを控えて簡潔に。
ちょいと円安に戻されていますが、そう長続きはしないと思っています。
まぁ、時期的なものもあるので、金利差でドル買いな動きを見せていても、金利上昇はNY株価へネガティブインパクトになるので、慌てずにいきましょう。
FOMCの声明が今夜(深夜)に控えており、基本的には①今回の会合での利上げはなく、②次回6月の会合での利上げが行われるかどうか、③年3回の利上げから年4回へ追加利上げが行われるかどうか、あたりに関する文面が盛り込まれるかどうかが焦点となっております。
基本的にはFOMCの声明まではドル円は上げ基調の可能性がありますが、今回もBuy the rumor, Sell the fact.となるかどうかが鍵となりそうですね。

2018年5月1日のNY市場概況:

昨日のNY株式市場はまちまち。
ダウ平均   24,099.05ドル 前日比64.10ドル(0.27%)安
S&P500    2654.80pt 前日比6.75pt(0.25%)高
ナスダック  7130.70pt 前日比64.44pt(0.91%)高

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。