おはようございます。
Shortmanです。

 

M&Aに関連して超バタバタしておりまして・・・
僕は 専門家ではないので、 株のことはあまり触れない。
だから個別の銘柄を分析して買うとか買わないとかはノーコメント


株に限らず「暴落したら買い」という投資の基本的なスタンスだけは何にでも当てはまると思っている。

しかし、何となく歴史的な出来事や過去の値動きなんかを参考に未来を無責任に予測するのは大好きだ。。
先日メルカリ(4385)は6月19日に東京証券取引所マザーズに新規上場を果たした。初値は5,000円となり、売出公募価格の3,000円を超えた。一時6,000円の最高値をマークして、上場初日は5,300円で取引を終えた。終値ベースの時価総額は約7,172億円となった。
直前決算赤字なのでPERは計算できない。将来への期待、つまり、絵に描いた餅で時価総額が7,000億円を超えた訳だ。アマゾンは上場前も、上場後も赤字だった・・・メリカリはアマゾンかいね?
上場で資金調達して、借入金の返済と広告宣伝費に資金を回すらしいが、テレビとかラジオでやたらメルカリの名前が出ていた。
アマゾンとか、Twitterとか、FacebookとかテレビCMとかせんやろ・・・競合他社が多い消費財市場でもないのにせっかく上場して獲得した資金でこれか?と思った。


あかんやろこんな金の無駄遣いして・・・

当然上場後は値を下げて、昨日6月26日時点で最高値から約30.5%下落して4,165円となっている。

メルカリ (4385) 株価
スマホのフリマアプリに何を期待してんのかわからんけんど、まぁ、こんなもんでしょう。
投資銀行でバリバリ働いていた2000年のITバブルを思い出した。顧客の中には時代の寵児も何名かおったが、今もしっかり生き延びているこの2社を参考にしてみたいと思います。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。