おはようございます。
Shortmanです。

 

お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?
今年はお盆に仕事があって休暇どころではなくかなり忙しくてバテ気味です・・・
米中貿易協議が境されるようで何よりです。
話さないよりは話した方がマシですが、予断を許さない状況に変わりはない。
『クドロー委員長は16日にCNBCに対し、「中国が代表団を送ってくるのは良いことだ。しばらく、こういったことはなかった」と発言。その上で、「知的財産権侵害と技術の移転強要の阻止を図り、関税と非関税障壁、割り当ての撤廃を目指すこの戦いを続けるトランプ大統領のタフさと意志を、中国当局は決して侮るべきではない」と述べた。』
『トランプ大統領は16日にホワイトハウスで開いた閣議で「われわれは中国と話す。彼らは大変話したがっている」と述べ、「彼らは受け入れ可能な取り決めをわれわれに提示できていない。米国にとって公正な取り決めを得られるまで、われわれはどんな取引も行うつもりはない」と言明した。』
さぁ、中国の出方に注目です。
そしてトランプ大統領の真意はいかに・・・

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。