おはようございます。
Shortmanです。

 

今そこにある危機①
先日千葉県船橋市の実家から歩いて数分の路上で通り魔による殺人未遂事件が起きました。
『25日未明、千葉県船橋市大穴南の路上で、近くに住む女性(25)が刃物で腹部を刺され重傷を負った事件で、千葉県警は28日、船橋東署に50人態勢の特別捜査班を設置した。』
しかし、事件以降、発生現場の路上では連日深夜の検問が行われているだけでなく、私服の刑事さん達が連日深夜に巡回しております。
これは深夜2時頃に実家の2回から撮影した写真ですが、昨日はとうとう私服警官の張り込みが私の実家のそばにも。
僕はこいつが犯人だと思っていたのすが、刑事さんで逆に職質されました。
報道によるとそもそも犯人は、
『特捜班によると、女性は現在回復に向かっているものの、腹部を1カ所刺され重傷。女性は逃げた男について「20~40代ぐらいで身長約170センチの知らない男で、黒っぽいTシャツと半ズボン姿で小太りの丸刈りだったなどと話しているという。』
ということで、身長は170㎝で合いますが、私の年齢は50歳で、黒いTシャツは保有していない、半ズボンをはいて外出しない、体形はスリム、髪の毛は豊富なので、残念ながら該当しておりません ^^;
痴呆気味の高齢者の母親が事件現場近くに暮らすのでかなり心配です。

 

今そこにある危機②
ドル高に伴う弊害はアジア通貨に限らずあちらこちらで・・・

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。