おはようございます。
Shortmanです。

 

本日はFOMCの結果待ちです。
昨日書いた通り、経済見通しと金利見通しが市場の関心事です。

 

『ブルームバーグが米金融政策を巡りエコノミストを対象に行った最新調査(今月18-20日実施)では、今週開催の連邦公開市場委員会(FOMC)での政策金利引き上げ決定後も、来年6月まで四半期に一度のペースで0.25ポイントずつの利上げが継続されるとの見通しが示された。
連邦準備制度理事会(FRB)ウオッチャーのエコノミストは今年6月の前回調査で、金融当局が12月のFOMCで利上げをいったん見送ると予想していた。最新調査ではこれに対し、四半期に一度のペースでの利上げの一時休止の時期が来年9月とされた。』
もちろんそれはそれで大事なんですが、個人的には仮に予想通りFFレートの誘導目標が0.25%引き上げられた場合に、何に一番影響がでるのかなと考えています。
いろいろと影響が出るのは間違いないですが、新興国通貨はいろいろと大変なのかなと思っています。
新興国通貨売り・ドル買い・・・新興国は資金流出という大きなツケを払うことになる。
『トルコとロシアは今月、力強い利上げで市場を驚かせたが、新興市場国が通貨下落に歯止めをかけるのに引き続き苦戦する今週、注目先はインドネシアとフィリピンに向かう。米連邦公開市場委員会(FOMC)は26日に再利上げに動くとみられ、新興市場国からの資金流出リスクが高まる。』
なすすべなく既に敵前逃亡の国もある。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。