おはようございます。
Shortmanです。

 

米国とカナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、カナダが米国とメキシコの新協定に加わることで合意した。新協定の名称は「USMCA」。
合意の内容は各自調べるとして、マーケットには良いニュースでしたが、正直、合意するとみんな思っていたので、株価的には良いニュースでしたが、為替相場にはそれほど影響なかったです。
今回の合意を受けて、トランプ大統領は自画自賛。
トランプ嫌いは・・・
まぁ、いつものことですね。
合意しないより合意した方が良いと個人的には思います。
何度も書きますが、貿易戦争の話から金融的事象へ飛び火しない限り、大暴落は起きません。
しかし、大暴落の兆候は少しづつですが、出現してきています。
『米連邦準備理事会(FRB)が利上げに踏み切り、自身のバランスシートを縮小する中で、ドルと米国債利回りは上昇しており、海外投資家によるドル資金調達は、割高かつ困難な状況に陥っている。』
ドル需要が逼迫してきています。
『3カ月物のドル資金調達コストは現在、約2.50%。歴史的な水準から見れば、高いわけではない。一見したところ、大半の借り手にとっては確実に対応可能な水準だ。しかしコストは上向いており、ドル供給は減少している。』
実際、USドルLIBORは上昇してきている。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。