おはようございます。
Shortmanです。

 

以前から私は金融は斜陽産業だと語ってきました。
規制が多いことで自由度が低くく、債券などの取引ではコンピュータの計算処理能力が高いからだ。
儲からなければコストを削減するのが企業経営。これがなかなか難しい業界もあるが、金融は違う。
『リチャーズ氏によれば、これからは株式・債券引き受け業務の重要な部分を機械が支援することになる見通し法人顧客が債券市場で資金を調達する最善のタイミングを正確に特定するため、データマイニングや予測分析の手法を用いることもその一例といえよう。』
最近こんな記事を見ながら自分の考えが正しかったなと思っていた
『世界最大の債券ディーラーであるJPモルガン・チェースは、トレーダーがありのままに全てのアクションを理解することが時として難しいため、トレーディングフロアの全体像をトレーダーに伝え、市場がどこに向かうかを予測させる目的で人工知能(AI)の導入に動いている。』
AIは既に運用面でも活用されている。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。