Shortmanです。

 

出張が続いており、レポートの配信が滞りご迷惑をお掛けしました。
さてさて、地方にいる間に何やら動きが。
おっ、良い話じゃないですか!
『トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は、今月のアルゼンチンでの首脳会談を前に楽観的な見通しを示した。トランプ氏は、習主席が激化する貿易戦争に終止符を打つ合意を望んでいると述べた。』
お互い大人ですから、落としどころ探っているんだろうね。
トランプ大統領も中間選挙前に値下がりしている株価を戻さないといけないので、米中の関係改善は良い手法だと思います。
さすがですな!!!

2018年11月1日のNY市場概況:

昨日のNY株式市場は続伸。
ダウ平均   25,380.74ドル 前日比264.98ドル(1.06%)高
S&P500    2740.37pt 前日比28.63pt(1.06%)高
ナスダック  7434.06pt 前日比128.16pt(1.75%)高
米中首脳が電話会議を行い、両首脳が今月のアルゼンチンでの首脳会談を前に楽観的な見通しを示したことから、米中貿易摩擦問題への懸念が後退し、買い戻しが広がった。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。