おはようございます。
Shortmanです。

 

米中間選挙前日ですので、概況と定点観測のみとします。

2018年11月6日のNY市場概況:

昨日のNY株式市場は反発。
ダウ平均   25,635.01ドル 前日比173.31ドル(0.68%)高
S&P500    2755.50pt 前日比17.19pt(0.63%)高
ナスダック  7375.97pt 前日比47.11pt(0.64%)高
中国の劉鶴副首相が米中貿易問題の解決に向けて前向きなコメントをしたことから、米中貿易摩擦の解決に向けた期待感が膨らみ買いが先行したが、米中間選挙投票日当日ということもあり、投票の結果を見極めたいとの思惑から上値は限定的。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。