おはようございます。
Shortmanです。

 

昨夜のNY時間、今週の上限114円前後から急激にドル円が下落・・・

2018年11月26日週の予想レンジ:

111.00円~114.00円

 

(ΦωΦ)フフフ…

 

何事かと思えばパウエルFRB議長の講演。
『米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は28日、現在の金利はいわゆる中立水準の推定レンジを「わずかに下回る」水準にあるとの見解を示し、かなりの隔たりがあると示唆した従来の発言からトーンを和らげた。この結果、利上げサイクルを来年停止する可能性に政策当局者らが一段とオープンになりつつあるとの観測が強まった。
市場はこの発言を好感、米国債は上昇し、主要株価指数は3月以来の大幅な上げとなった。先月のパウエル議長のコメントは一段と積極的な金融引き締めのシグナルと市場に受け止められていたが、「わずかに下回る」という発言で和らげられた形となった。10月3日にパウエル議長は、「われわれは中立を超えるかもしれない。しかし現時点では恐らく、中立金利まで長い道のりがある」と述べていた。
パウエル議長はこの日、エコノミック・クラブ・オブ・ニューヨークで講演し、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は「米経済成長を加速も減速もしない、経済にとって中立となる水準の幅広い推定レンジをわずかに下回っている」と発言した。』
参考までに。
FRBが大事にしているのは株価だと言うことは以前から指摘されているから、今回のパウエル議長の突然のタカ派的な態度の変更にも驚かない。
2016年7月14日の為替日報より。
*********************************************

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。