おはようございます。
Shortmanです。

 

英国のEUからの合意無き離脱・・・囁かれ始めていますね。

 

遠く離れた欧州で現実に起きていることはアジアにいる私にはよくわかりません。
ですが、ドル円に影響が出ているので、ちょいとニュースを見ておきます。
11月25日の臨時のEU首脳会議で英国がEUの交わした離脱の合意案には、英国内部の離脱反対派と賛成派の双方から厳しい批判の的となっていた。そのため、英国のメイ英首相は、11日予定していたEUからの離脱協定と将来関係の政治宣言合意受け入れの是非を問う下院採決を、大差で否決される可能性が高まり、採決の延期を決定したことで、英国の先行きが見えなくなっている。メイ首相を取り巻く環境は厳しい。
EU側は再交渉を認めないつもりのようだ。
さらには英国議会ではメイ首相を引きずり落そうとする動きもある
政治の世界は常に一寸先は闇。
ブラックロックも未来を予測できないでいる。
どうなることやら。
こんな状況なのでポンド売りが止まらない。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。