おはようございます。
Shortmanです。

 

先日こんな感じで明るい兆しが見えていました。
それを後押しするかのような報道が続いています。
に続き、昨日はこんな記事も。
米中貿易摩擦への懸念が和らぎました。
さらに、昨日取り上げた英国のEU離脱問題とイタリアの政府予算の問題。
メディアに右往左往される相場展開でしたが、昨日は一昨日とは真逆の展開で、リスクオンな雰囲気が出ましたね。
英国ではメイ首相の不信認決議が否決されました。
イタリアは政府の財政赤字目標を引き下げてきました。
という具合。
こうなると、ポンドはドルに対して買い戻され、

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。