おはようございます。
Shotmanです。

 

ダウは過去最大の上げ幅になるなど、昨夜のNYの上げは凄かったですね。

ダウとドル円

株価が戻した最大の理由はこれでしょうね。
米大統領経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長の発言でしょう。
『米経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は26日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が解任されることはないと述べた。トランプ米大統領がFRBを批判していることで米国株式相場が不安定な展開となっていることに対応したとみられる。
ハセット氏は、パウエル議長の職が安定しているかとの記者の質問に対して「もちろん、100%だ」と答えた。』
それとムニューチン米財務長官についても以下のように述べたことだ。
『ハセット氏はまた、トランプ氏はムニューシン米財務長官に満足していると述べた。ムニューシン氏は最近、米銀行大手と協議し、金融市場が順調に機能し続けることを目的とした規制当局者の作業部会を招集した。ハセット氏は「大統領がムニューシン財務長官に非常に満足していることに極めて自信を持っている」と語った。』
本来であればここまでの発言を経済政策を提言する立場にあるCEAの委員長がする必要があるかどうかはわからないが、市場を安定させるためにできることCEAの委員長として行ったのであろう。
脱帽だ!
しかし、株価を下げている原因の一つがトランプ大統領の言動ながら、トランプ大統領の相場観は最高ですね。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。