おはようございます。
Shortmanです。

 

世銀が2019年の経済見通しを公表しました。
『世界銀行は8日、世界経済見通しを公表し、2019年の世界経済の成長率が2.9%と、18年の3%から減速するとの見通しを示した。貿易摩擦や世界貿易の減速を理由に挙げた。
世銀のクリスタリナ・ゲオルギエバ最高経営責任者(CEO)は報告書で、「2018年初めの世界経済はエンジン全開だったが、同年中に失速した。今後1年はさらに困難となる可能性がある」と指摘した。
世銀は米経済の成長が18年の2.9%から19年は2.5%に減速すると予想。中国は18年の6.5%から6.2%に減速する見通しとした。』
参考:
景気減速の可能性が高まりつつありますね。
景気が減速すると…株価は下がり、債券価格は上昇(利回りは低下)します。
『ゴールドマン・サックスは世界各国の国債利回り予想を下方修正した。経済成長の減速や厳しさを増す金融環境、リスク許容の悪化が背景にある。
ゴールドマンは年末の米10年債利回りを3%と、従来予想から50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げた。ドイツ債利回りは15bp下方修正して0.65%。カナダ債利回りは60bpと大幅に下方修正し、2.40%とした。』
当然、中央銀行も利上げを一時中断するでしょう。
しかし、その効果は?

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。