おはようございます。
 
Shortmanです。

 

 
あらら・・・
 
 
『トランプ大統領は28日、ベトナムで開かれた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談後の記者会見で、北朝鮮が制裁解除を要求したため、合意することができなかったと明らかにした。
 
一方、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は、北朝鮮は寧辺の核施設廃棄を提案し、その見返りとして制裁の一部解除を求めるという現実的な提案を行ったと説明した。』
 
諸説あるけど、トランプ大統領は米朝首脳会談のタイミングでマイケル・コーエン被告の言いたい放題な議会証言が気に入らなかったので、アメリカへ帰国したかったのだと思う。
 
 
『コーエン被告は証言の冒頭で「トランプ氏が何者であるかを知っている自分を恥じている。彼は人種差別主義者で、詐欺師だ」と言明。「トランプ氏は国を率いていく願望も意思もない。自分を売り込み、自分の富と権力を膨らませることを欲しているだけだ」と述べた。
 
被告によると、トランプ氏は大統領選中だった16年7月、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏が数日以内にクリントン陣営に打撃を与える内容の電子メールを暴露するという報告を、元側近で偽証罪などで起訴されているロジャー・ストーン被告から電話で受けたという。』
 
これに対してトランプ大統領は反論。
 
 
『トランプ大統領はAPのインタビューで、コーエン被告の証言は「完全なうそ」だったと強調。コーエン被告が顧問弁護士として果たした役割についても、「少しの法律業務を行う広報官」で重要度が低かったと主張した。被告が「刑罰を軽くする」ための合意を結んだことは「非常に残念」とも述べた。』
 
本当のところはどうかわからないけど、スポーツ新聞みたいな話題で相場が動くのはどうかなと。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。