おはようございます。
Shortmanです。

 

昨日のECB理事会で、政策金利を据え置き、フォワードガイダンスを修正して年内利上げを見送り、さらには新たに条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)を導入した。
債券購入プログラムの終了からわずか3カ月しか経ていないのに・・・。
『欧州中央銀行(ECB)は7日、主要政策金利を予想通り据え置いた。また、危機後初となる利上げの時期を来年に先延ばしし、銀行向けの超長期の低利融資を再び実施すると発表した。』
『ECBは、政策金利に関するフォワードガイダンスを修正し、「主要政策金利は少なくとも今年末まで、また必要な間、現行水準にとどまると予想する」とした。従来は「少なくとも19年夏にかけて」金利は現行水準にとどまるとしていた。
さらに、期間2年の貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)の第3弾(TLTROーIII)を9月から実施すると発表した。7200億ユーロの現行の借り入れのロールオーバーを支援し、景気が減速局面にある中で信用収縮が起こるのを防ぐ。』
ユーロ圏の経済状況が芳しくないことに加えて、金融システムが安定していないからだと思う。
先手を打たなければならない経済状況であり、不安定な金融システムを抱えているせいだと思う。FRBが引締めを止めようとしている状況では、ドル高・ユーロ安が機能していたかもしれない。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。