おはようございます。
Shortmanです。

 

出張が続きご迷惑をお掛けしております。
しかし、相場は膠着状態なので、特段気にすることはないでしょう。
英国のEU離脱問題はなかなか方向性が見えないですね。
『下院は合意なき離脱を拒否する案を賛成321、反対278で可決した。これを受け、3月29日の離脱期限の延期をEUに申請するかどうか14日に採決する。』
とりあえず合意無き離脱が回避されたことは安心材料です。
しかし、この先は全く不透明。
EUの態度も不透明、英国の目指す方向も不透明。
基本的には大人の対応、つまり政治的な要因で双方が先延ばしという選択で時間稼ぎかなと
時間稼ぎの長さが気になる。
①延期無し
『現段階で恐らく最もありそうにない展開。29日に合意のないまま英国が離脱すれば混乱が起きるし、EUとしても経済的な混乱を起こした「犯人」とされたくはないからだ。』
②短期間も延期
今のところ8週間までの離脱延期が一番確率の高いシナリオとして浮上している。欧州議会選挙が実施される5月24─26日あたりが確固とした期限とされる。』
③長期間の延長
『これは難しい選択肢となる。なぜなら欧州議会の正統性、あるいは年末までに発足する欧州委員会の新体制でさえ、法的に問題視される道につながるからだ。それでも可能性を完全に排除はできない。』

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。