おはようございます。
Shortmanです。

 

英国のEU離脱問題は先が見えないですね。
『英国のメイ首相は27日、議会が3度目の採決で自身の欧州連合(EU)離脱協定案を可決すれば辞任する意向を表明した。』
しかし、支持動向を探るためにおこなった事前の投票では提示した案の全てが否決されているようだ。
EUとの関税同盟に恒久的に残留する案は8票差と唯一僅差で拒否された
主な代案の投票結果は次の通り
・「合意なき離脱」求める案:       反対400、賛成160
・「ノルウェー・プラス」案:       反対283、賛成188
・「ノルウェー」案:           反対377、賛成65
・「EUとの関税同盟への恒久的残留」案: 反対272、賛成264
・「離脱協定案プラスEUとの関税同盟、単一市場との緊密な連携」求める労働党案  反対307、賛成237
・「合意なき離脱への緊急ブレーキ」案   反対293、賛成184
・「再国民投票」案            反対295、賛成268
全く先が読めない。
英国民のEU残留希望派もデモを行い国民再投票を願い出ている。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。