おはようございます。
Shortmanです。

 

ドル円の動きがダウやユーロなど他通貨に翻弄されていますね。
一昨日112.40円まで円安に向かったかと思えば、昨日は111.38円まで円高に戻され・・・
ここ最近はドル円の動意が薄いと書いてきた通りですが、ボラティリティが過去最低水準に近付きつつあるようです。
『ドル/円JPY=の膠着ぶりを反映し、予想変動率(インプライド・ボラティリティー)が過去最低水準に接近している。ドルと円が市場心理の明暗に応じ、同じ方向へ動くことが多いためだが、連休明けに変動率が反転するとの警戒感も根強い。』
低ボラに陥っていますが、その後は上下どちらかに動く訳で、売り買い思惑が交錯しています。
『そのケースでは円上昇を見込む声がある一方、日本企業のM&A関連フローに着目し、円安方向に振れ幅が大きくなるとの予想もあり、「5月の動意」を巡って思惑が交錯している。』
低ボラの理由は?

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。