おそようございます。
Shortmanです。

 

アメリカにいて完全に日にちを間違えました。
こちらは17日でして…
大統領として2期目を迎えたいので、株価を上げるためには何でもしまっせこのおっさんは。
しかも自分の言うことを聞かない奴は即クビにするのがこのおっつさんのスタイル。
それでもなかなかクビにできないのがFRB議長。
ならば、メンバーに己のシンパを入れたいところ。

『米金融当局の政策への不満を募らせるトランプ大統領は今や、空席となっているFRB理事2人のポストに利下げを求める自身の考えを支持する候補者を起用しようと盛んに取り組んでいる。事情に詳しい関係者によれば、大統領のこうした動きは口頭などによる公の当局批判よりもずっと連邦準備制度の指導部やスタッフの間に動揺を引き起こしている。

トランプ大統領が自身の意向に沿う理事をFRBに入れることは何の問題もない(日銀の政策委員を見てみろ。無名な連中のイエスマンしかおらんではないか!)。むしろ指導部やスタッフにも緊張感が産まれて良い刺激になっているのではないか。

『常軌を逸したボスに対処しなければならない人物にとって、禁欲主義は太古より役に立つ指針となってきた。ストア派の哲学者、小セネカは第5代ローマ皇帝ネロに仕えるに当たり、その有用性を認識した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長もその信奉者と見受けられる。』

「常軌を逸した・・・」とあるが、信じていたものが嘘だったということもあるので、こんな表現はしない方が良い。既存のルールを壊すことがトランプ大統領の使命なのだから。

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。