おはようございます。
Shortmanです。

 

有事の際は、ドルと円が買われると何度も何度も話してきましたね。

トランプ大統領が頑張れば頑張るほど首が締まる・・・

Bloomberg, トランプ氏の貿易戦争、不覚にもドル高要因に-安全逃避で米債急騰

エスカレートする通商摩擦は今年のドル相場にとって支援材料だ。投資家が安全資産を探し求めるためドルは米国債へ向かい、国債の急騰の支えにもなっていた。海外勢の米国債保有高は過去最高に膨れ上がり、世界的な指標の米10年債利回りを2016年以来の低水準に押し下げた。』さらに・・・

『トランプ大統領は繰り返し米金融当局に利下げを要求し、その一方でドルは強過ぎるとの不満を表明してきた。ただし米当局が追加利下げに踏み切った場合、実際には景気が押し上げられドルを支える可能性がある。こうなった場合トランプ大統領のいらだちが募るだけかもしれないオプショントレーダーの間では対ドルでの人民元安を予想する見方が強まっている。』

景気が下へ行っても、上に向かっても・・・

ドルが買われてしまう可能性がある。

トランプ大統領のドル安誘導の思惑は成立しない可能性が高い。

次に円はどうか?

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの詳細はこちらをクリックしてください。

ブログランキング応援ぽち:

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いいたします。

注意:

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。