Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。
為替週報

為替週報(2021年11月29日)

テーパリングが加速しており、状況に応じてはより迅速な金融正常化、つまり利上げを期待したドル買いがあるかも知れないが、テーパリング縮小や利上げの株価へのマイナスインパクトが出ており、さらいは南アフリカの新型コロナウイルスのオミクロン株の影響拡大を懸念し、市場のセンチメントはリスク回避帝的に。これ以上の上昇は期待できない。

為替日報

為替日報(2021年11月25日)

昨日のNY為替市場はドル買。米週間新規失業保険申請件数が52年ぶりと歴史的な低水準を記録したことや、10月の米PCEコアが31年ぶりの大幅な伸びとなり、早期利上観測が台頭しドル買に。公表された11月2~3日開催分のFOMC議事要旨で、メンバーの一部が資産購入縮小ペースの加速の支持が明らかになったこともドル買を支援した。

為替週報

為替週報(2021年11月15日)

先週公表の10月の米CPIの結果を受けてドル円は買い戻されたが、本日15日よりFRBのテーパリングが開始される。また、インフレ期待の高まりから将来的な利上げ観測を招き、これにより株価や不動産、商品価格等の資産価格の下落が今後見込まれるのでドル買いする馬鹿もいるが、今後はリスク回避なので先の一段の円売りは期待が薄そう。

為替週報

為替週報(2021年11月8日)

テーパリング開始も、パウエルFRB議長が早期利上げを否定していることからドルのさらなる買いが生じていない。今週は米消費者物価指数の公表もあり、大きく伸びを示せば早期利上げ期待論が再燃するかも。ただ、原油価格に落ち着きも見られ、インフレへの影響もそろそろ落ち着く頃かなと。その意味でドル円の一段の上昇は難しいであろう。

為替日報

為替日報(2021年10月28日)

昨日のNY為替市場はドル買い。米長期金利の低下に伴うドル売りが強まっていたが、9月の米耐久財受注(速報値)や卸売在庫(速報値)が予想よりも強かったことに加えて、カナダ中央銀行が金融政策決定会合で量的緩和(QE)終了を発表し、早期利上げの可能性を示唆したたことからカナダドル・円絡みも加わりドルの買戻しに。

Powered by WishList Member - Membership Software