Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替日報(2020年4月1日)

おはようございます。
Shortmanです。

日本の景況感は最悪の状況に陥りそうですね。

日本銀行が全国企業短期経済観測調査(日銀短観)を公表しました。

金融市場では「TANKAN」として知られていますが、景気の先行き見通しを推測する上でとても重要な指標です。

※日銀短観とは、日本銀行が年4回(3、6、9、12月)、全国の大手企業と中小企業、製造業と非製造業などに分けて、約1万社以上を対象に、業績や状況、設備投資の状況、雇用等について、現状や見通しを尋ねるアンケート調査です。この調査は景気動向を占ううえでとても重要な経済指数です。

より詳しくは・・・

日本銀行, 「短観」とは何ですか?

新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動の著しい低下が全世界的に起きているので、日本だけがその影響を受けないなんてことは無いですよね。

では、世界の機関車である米国経済はどうでしょうか?

ここから先は Shortman会員 限定です。

Shortman為替レポートの10日間無料購読キャンペーンはこちら

ブログランキング応援ぽち

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いします!!

人気ブログランキング

注意

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。

Powered by WishList Member - Membership Software