Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報(2020年10月26日)

おはようございます。
Shortmanです。

22日にトランプ大統領とバイデン前副大統領の討論会が行われました。

Bloomberg, 米大統領選の最終討論会、汚職やコロナ、納税申告書巡り激しい論戦

どちらが優勢かは見ればわかりますが、反トランプの大手メディアは依然としてバイデン氏優勢という結果で笑えます(笑)

バイデン氏を巡る利益相反(conflict of interest)疑惑については、バイデン氏のビジネスパートナーがメールは本物だと言い出し、

FOX NEWS, Who is Tony Bobulinski, Hunter Biden’s former business associate?

民主党贔屓のFBIも仕方なく捜査に動き出したようでしたが、

NY POST, Hunter’s ex-partner Tony Bobulinski: Joe Biden’s a liar and here’s the proof

今度はバカ息子ハンター氏の(恐らくは未成年者との)SEXビデオが流出してきましたね。

GNEWS, Breaking News! Hunter Biden’s Sex Tapes, The CCP’s “BGY” Infiltration in the U.S., Evil Alliance to Dominate the World

(ΦωΦ)フフフ…

2020年10月19日週のドル円概況:

米追加景気対策への期待が高まったことや、9月の米建設許可件数が予想よりも強かったこと、英国による合意無き離脱のリスクが和らいだことから20日(火)には週間高値となる105.74円まで上昇した。しかし、米追加景気対策が米上院の通過は難しいとの観測が強まりドル円は下落。良く21日(水)には104.32円まで下落した。22日の米大統領候補討論会は前回とは異なり大きな混乱もなく終わり、マーケットへの影響はなかった。

2020年10月19日週の予想レンジ:

104.00円~106.00円

2020年10月19日週の実際のドル円:

104.32円~105.74円

2020年10月26日週のドル円予想:

11月3日に米大統領選挙を控えて大きな動きは想定し難い。世論調査の結果や米民主党のペロシ下院議長とムニューチン米財務長官の交渉と行方や新型コロナウイルスの感染者数の増減に一喜一憂する展開を想定している。

2020年10月26日週の予想レンジ:

104.00円~106.00円

定点観測:

ダウとドル円

ドル円と米2年債利回り

ドル・インデックスと米10年債利回り

VIX

金価格

原油価格

Shortman’s View:

大統領選挙までずるずる先延ばしか?

Bloomberg, ペロシ議長とムニューシン長官、互いを非難-米景気対策協議停滞

そして、下院で合意しても共和党が過半数を握る上院で否決されそう。

なかなか先が見えない。

Good Duck!
Shortman

ブログランキング応援ぽち

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いします!!

人気ブログランキング

注意

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。

Powered by WishList Member - Membership Software