Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報(2020年11月23日)

おはようございます。
Shortmanです。

大手メディアは依然としてトランプ大統領の再選が厳しくなったと報じております。

特にスイング州と言われる激戦州での投票結果はなかなか僅差でした。投票の数え直しもあり、早々にバイデン氏の勝利をメディアは打ち出していますが、大統領選の結果がそのまま大統領選出になる訳ではないで、メディアの情報は信用しない方が良いでしょう。

例えばペンシルベニア州。

ロイター, 米ペンシルベニア連邦地裁、大統領選結果巡るトランプ氏の訴え棄却

トランプ大統領の弁護士であるジュリアーニ氏が代表を務めて訴訟を起こしていましたが、実はこれは最初から民主党支持者の多い裁判所での裁判なので敗訴が見えていました。

しかし、ここで素早く敗訴を確定させて共和党が有利な控訴審へ上訴するのがジュリアーニ氏の戦略なのです。

『トランプ大統領の弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長は声明で、判断に失望したとし、上訴する方針を表明。「きょうの判断は、最高裁に迅速に持ち込むという我々の戦略を後押しすることになる」とした。

ジュリアーニ氏によると、トランプ陣営はペンシルベニア州フィラデルフィアの第3巡回区控訴裁に対し、早期に判断の見直しを求める。同巡回区の判事の過半数は共和党の大統領に任命され、4人はトランプ大統領が任命した。』

州知事も州務朝刊も共和党員なのに何故かトランプ大統領側へ協力姿勢を示さないジョージア州も問題山積みです(問題は州知事と州務長官。投票集計マシンの会社であるドミニオンから賄賂もらっていると思う・・・)。

Bloomberg, 米ジョージア州務長官、バイデン氏勝利を公式認定-大統領選結果

『米ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官は20日、同州での大統領選結果について、民主党のバイデン前副大統領の勝利を公式に認定した。同州は前日に手作業による500万票余りの再集計を完了していた。』

しかし、ケンプ知事はバイデン氏だとは宣言していない。彼はむしろ最初の結果の後の手作業による再集計中に、数千の数えられない投票用紙の隠し場所がいくつかの郡で発見され、そのことを「完全に容認できない」と語っている。

『同州のケンプ知事(共和)は確認作業で数字の食い違い見つかったことに遺憾の意を示しつつも、州法の定めに従って選挙結果を認定すると述べた。』

ケンプ知事は、郵送投票用紙の有権者の署名を比較するためにサンプルの監査を行うようラフェンスパーガー州務長官に依頼した。

もちろん 州務長官はいろいろと理屈を展開して署名の確認ができないと主張しています。

ちなみに、票差が0.5%未満だったため、トランプ陣営は24日までさらなる再集計を要請することができるので、トランプ弁護団による再集計の要請が出て、再再集計が終わるまでジョージア州の認証にはならないです(メディアの嘘)。

他にもウィスコンシン州はミルウォーキー郡とデーン郡での票の再集計の申し立てをし、不正の証拠探しが行われている。ミシガン州最大の都市デトロイトがあるミシガン州ウェイン郡では、選挙委員会の共和党員2名が選挙に不正があるとして認証を拒否したが、その後認証。しかし、選挙結果を認証するように脅迫されたから認証したとする宣誓供述書にサインして提出し、再度認証を拒否した。

トランプ大統領はこの外にネバダ州やアリゾナ州でも裁判を起こしており、下級審の敗訴は前提で、その間に不正の証拠を広範囲に集め、最終的には最高裁で勝負を付けようとしているのかなと思います。

ということで、まだまだバイデン氏が正式に46代合衆国大統領に就任できるかどうかは不明です。

2020年11月16日週のドル円概況:

米モデルナ社の新型コロナワクチンの最終治験で94.5%の有効性が公表されNY株が上昇し、週初16日(月)に週間高値となる105.12円まで上昇した。しかし、11月のニューヨーク連銀製造業景気指数が予想よりも弱かったことや、感染拡大と一部地域でのロックダウン再開が嫌気されてドル円も値を下げる中、ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁が財政支援策が無ければ今後数ヶ月で経済活動が減速する可能性を述べたことが重石となり、18日(水)には週間安値となる103.63円まで下落した。

2020年11月16日週の予想レンジ:

103.00円~105.50円

2020年11月16日週の実際のドル円:

103.63円~105.12円

2020年11月23日週のドル円予想:

新型コロナウイルスへのワクチン報道は一服し、目先の新型コロナウイルスの感染拡大の影響から弱含みを想定しつつ、米国の主要経済指標(11月の米コンファレンスボード消費者信頼感指数、10月の米耐久財受注、第3四半期米GDP(改定値)、FOMC議事要旨、10月の米PCEデフレータなど)に左右される展開を想定。

2020年11月23日週の予想レンジ:

102.00円~105.00円

定点観測:

ダウとドル円

ドル円と米2年債利回り

ドル・インデックスと米10年債利回り

VIX

金価格

原油価格

Shortman’s View:

当然ですね。

というか、最初からするな!政治家も官僚も本当に馬鹿野郎ですね。

Bloomberg, 菅首相、「Go Toトラベル」一部地域で一時停止を表明

『菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染症対策として、観光支援事業「Go Toトラベル」について、感染拡大地域を一時対象から外すなどの措置を取ると表明した。感染の急拡大を受け、経済の活性化を強く進める方針を転換した。

菅首相は政府対策本部の会合後、「Go Toトラベル」について、旅行の新規予約を停止するなどの措置を導入したいと述べた。外食支援事業の「Go Toイート」についても食事券の新規発行の一時停止を自治体に要請した。』

11月18日の為替日報より。

**************************************************************************************
困った・・・

Bloomberg, 東京都、新型コロナ警戒を最高レベルに引き上げへ-報道

『東京都は19日、専門家らによるモニタリング会議を開き、新型コロナウイルスの感染状況に関する警戒レベルを4段階のうち最も深刻な「感染が拡大している」に引き上げる方針とNHKが報じた。医療提供体制は2番目の「体制強化が必要」に維持する見通しという。

都内の新規感染者は18日、493人となり、1日の感染者数としてはこれまで最も多かった8月1日の472人を上回った。治療中の重症者は39人で前日より3人減少した。』

お前が悪い・・・

『菅義偉首相は19日午前、感染状況について「昨日は全国で2000人を超え過去最多となるなど、最大限の警戒状況にあると認識している」と記者団に語った。政府としては地方自治体が行う営業時間の短縮要請を支援するほか、専門家の議論を踏まえた上で「さらに効果的な対策を講じる」よう指示していることも明らかにした。』

東京新聞, 「Go To」感染拡大のきっかけ 日本医師会長 「コロナ甘くみないで」 

感染者増と観光支援事業「Go To トラベル」の関連については「エビデンス(証拠)がなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いない」と述べた。

そもそも自民党の政治家の頭には利権しかない!  

Yahoo, 「GoTo」1.3兆円ゴリ押し 菅・二階「観光利権」を暴く【先出し全文】

そのツケはいつも国民が払う。

馬鹿が馬鹿を選ぶ。田舎者が田舎者を選ぶ。国民は金が欲しい。金が欲しい奴が選んだ国会議員も金が欲しいのは当たり前か・・・

それが選挙だから仕方がない(苦笑)

**************************************************************************************

国民は愚かではいけない。賢くなければいけない。

(※政治家や官僚からしたら、その全く逆。「国民は賢くてはいけない。愚かでなければいけない。」)

おまけ・・・

賢い人ならトランプ大統領が再選するか否かもわかるはず(^_-)。

 賢くなりたい人の妄想用のメモ:

①トランプ大統領はトランプ弁護団が地裁で敗訴して控訴する前提で、11月20日に控訴裁判所の連邦最高裁判事の配置換えを実施している。特に問題の激戦州にはトランプ大統領が任命した判事3名と、民主党及びバイデン氏への恨みがあるトーマス判事を起用している。

・ミシガン州:カバノー判事(保守派)
・ウィスコンシン州:バレット判事(保守派)
・ペンシルベニア州:アリート判事(保守派)
・ジョージア州:トーマス判事(保守派)

※クラレンス・トーマス判事は1991年の公聴会で、当時上院司法委員会の委員長であった民主党のジョーバイデンから、セクハラ疑惑を追及された経緯がある。それを理解した上でトランプ大統領は、10月26日夜にホワイトハウスのサウスローンで行われたエイミー・コーニー・バレット氏の第1回目の宣誓就任式を、クラレンス・トーマス最高裁判事の司式で行った。

②連邦選挙委員会のトレイ・トレイナー委員長は既に不正選挙が行われたと確信していると述べている。

③クリントン財団に寄付していたドミニオン投票システムによる不正操作をめぐる証拠の数々。不正を目撃又は加担したスタッフの数多くの宣誓供述書。

④フランクフルトにあったドミニオンのサーバー(Scytl)を米軍が既に押収している可能性がある。

⑤ドミニオン投票システムは20日、ペンシルベニアで証言するための公聴会をキャンセルしている。  

⑥ドミニオン投票システムは海外からの不正なアクセスがあった可能性がある。

あんど、ジュリアーニ弁護士、シンディ・パウエル弁護士、リン・ウッド弁護士の動きに注目!

MEWSMAX, Sidney Powell: Will Prove Case ‘Within Next Two Weeks’ in Court

2週間以内に裁判所へ証拠を出すらしい。

Good Duck!
Shortman

ブログランキング応援ぽち

Shortmanのブログランキング1位獲得を目指して応援ポチをお願いします!!

人気ブログランキング

注意

投資は自己責任です。読者の投資判断の最終決定に、我々は一切関与しません。この情報を用いて読者の方が損失を被っても、我々は一切の責任を負いません。我々はNY市場が世界の金融市場の未来を決めていると考え、NY市場を中心に分析しております。我々が用いるデータ、チャート、ニュースは、誰でもインターネットで無料で用いることができるものだけを利用して、できるだけ正確に理解し、できるだけ簡潔に、かつ、わかりやすく皆様に伝えられるように心がけております。また、個別株の分析は行いません。先物(株価指数・為替・商品・一部オプション)のトレードに必要な情報のみ提供しています。

Powered by WishList Member - Membership Software