Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報

為替週報

為替週報(2021年11月29日)

テーパリングが加速しており、状況に応じてはより迅速な金融正常化、つまり利上げを期待したドル買いがあるかも知れないが、テーパリング縮小や利上げの株価へのマイナスインパクトが出ており、さらいは南アフリカの新型コロナウイルスのオミクロン株の影響拡大を懸念し、市場のセンチメントはリスク回避帝的に。これ以上の上昇は期待できない。

為替週報

為替週報(2021年11月15日)

先週公表の10月の米CPIの結果を受けてドル円は買い戻されたが、本日15日よりFRBのテーパリングが開始される。また、インフレ期待の高まりから将来的な利上げ観測を招き、これにより株価や不動産、商品価格等の資産価格の下落が今後見込まれるのでドル買いする馬鹿もいるが、今後はリスク回避なので先の一段の円売りは期待が薄そう。

為替週報

為替週報(2021年11月8日)

テーパリング開始も、パウエルFRB議長が早期利上げを否定していることからドルのさらなる買いが生じていない。今週は米消費者物価指数の公表もあり、大きく伸びを示せば早期利上げ期待論が再燃するかも。ただ、原油価格に落ち着きも見られ、インフレへの影響もそろそろ落ち着く頃かなと。その意味でドル円の一段の上昇は難しいであろう。

為替週報

為替週報(2021年10月25日)

※NY株高(株の買い)➡米債利回り(米金利)上昇(米債売り)➡ドル買い(ドル・インデックス上昇)の流れに、10月2週目くらいから変化が起きている。米債利回り上昇も、ドル・インデックスが下落している。ドル円はオーバーシュート気味。恐らく、資源国通貨や欧州通貨の買い・ドルの売りでドル・インデックスが下落。

為替週報

為替週報(2021年10月4日)

引き続きリスク選好ムードが漂う週になりそうだが、9月米ISM非製造業景況指数、9月米ADP雇用統計、9月米雇用統計や失業率に注目が集まりそう。米労働市場の伸び悩みが確認できれば、米金利上昇は抑えられドル円は下落方向へ。大幅な改善が見られると再び米金利上昇でドル円は上昇する可能性が高い。週末8日の雇用統計次第と言えよう。

Powered by WishList Member - Membership Software