Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報

為替週報

為替週報(2020年11月30日)

世界中に迷惑を輸出する中国ですが、最近のプロパガンダには頭にきますね。『新型コロナウイルスの感染者が世界的に急増している中で、中国は国営メディアを使って「コロナの起源は中国」との見方を否定する情報の拡散を続けている。ウイルスは昨年終盤に武漢の海鮮市場で確認されたが、それより前に海外に存在していたという主張だ。』

為替週報

為替週報(2020年11月23日)

大手メディアは依然としてトランプ大統領の再選が厳しくなったと報じております。特にスイング州と言われる激戦州での投票結果はなかなか僅差でした。投票の数え直しもあり、早々にバイデン氏の勝利をメディアは打ち出していますが、大統領選の結果がそのまま大統領選出になる訳ではないで、メディアの情報は信用しない方が良いでしょう。

為替週報

為替週報(2020年11月16日)

米大統領選の選挙結果はバイデン氏の勝利ということで、バイデン政権を想定した政策を織り込み始めるのが、ドル円はあまり大きなレンジでは動きがなさそう。ただ、トランプ大統領による不正選挙の主張とその法廷闘争の結果次第では、レンジが大きく変わる可能性があるので、その辺の情報には感覚を研ぎ澄ましておく必要がある。

為替週報

為替週報(2020年11月9日)

大手報道機関はバイデン氏の勝利を報じているが、法的にはまだ勝利は確定していない。トランプ政権の抵抗は激しいものとなると予想され、法廷闘争が長引き、2000年のブッシュ対ゴアの大統領選のように1ヶ月近く次期大統領が決まらず混迷するかも。今週は大きなイベントは無いが、こうしたタイミングでドル安を仕掛けてくる可能性もある。

為替週報

為替週報(2020年10月12日)

今週は13日(火)の9月の米消費者物価指数や9月の米財政収支、14日(水)には9月の米9月生産者物価指数、15日(木)にはニューヨーク連銀製造業景況指数16日(金)には9月の米小売売上高や米9月鉱工業生産と10月の米ミシガン大消費者信頼感指数などの主要な経済指標の発表が続くので、その結果に注意しなければならない。

為替週報

為替週報(2020年9月28日)

週初21日(月)に週間安値となる103.99円までドル円は下落したが、経済回復の鈍化の懸念や、欧州での新型コロナウイルスの感染再拡大、米追加刺激策を巡る不透明感から、全世界的な株安の流れとなり、リスク回避的な投資家心理の変化を受けて、ドルが大きく買い戻された。ドルは週間ベースで4月上旬以来の大幅な値上がりとなった。

Powered by WishList Member - Membership Software