Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報

為替週報

為替週報(2021年5月3日)

FOMCのメンバーの中に一部タカ派的な意見はあるものの、コロナ感染拡大は終息には程遠いことと、パウエルFRB議長が何度も発言しているように出口戦略に関しては時期尚早との見方は変えない。ただ今週は4月の米ISM製造業景気指数、非製造業景気指数、ADP雇用統計と重要な指標が相次ぐ。日本がGWで流動性が乏しく値が動きやすい。

為替週報

為替週報(2021年3月1日)

ドルの上値は重いと予想していたが、23日に週間安値となる104.97円をマークしたドル円は、バイデン政権の景気対策、不調だった7年債の入札、良好な米経済指標の結果を受けてドルが買われた。ドル円の上昇を米長期債利回りの上昇に伴うものと解説する声が聞こえるが、ドル円は主に実質利回り差や2年債利回りに連動していることが多い。

Powered by WishList Member - Membership Software