Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報

為替週報

為替週報(2021年8月2日)

先週のFOMCの結果(ハト派的解釈優勢)を受け、株価は上昇するかも知れないが、ドル円の上昇余地は乏しいと予想。なかなか110.60円を超え難い状況が続く一方、新型コロナウイルス・デルタ株の感染拡大がリスク要因となり、やや下値を下げる展開になるかも知れないと想定。ただ、株価が支えとなり大きくドル円が下落する可能性も低い。

為替週報

為替週報(2021年7月26日)

新型コロナウイルス・デルタ株の感染拡大による景気先行き不透明感から欧米株価が大きく下げたことから、週明け19日(月)にはリスク回避の円買いの動きになり、ドル円は週間安値となる109.05円まで下落した。その後は売られ過ぎから買戻しも入り、ドル円は徐々に値を戻し23日(金)には週間高値となる110.54円まで上昇した。

為替週報

為替週報(2021年7月19日)

先週に引き続き様子見ムードが漂う展開か。ドル高を支援する米インフレ期待の上昇やNY株高が落ち着きつつある中、日本は東京が4回目の緊急事態宣言となり景況感が悪化することや、ワクチン接種の遅れからインフレ期待が低下する一方で、アメリカは変異株による感染拡大が懸念されており、先週に引き続きレンジ相場を予想。

Powered by WishList Member - Membership Software