Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。
為替週報

為替週報(2021年3月1日)

ドルの上値は重いと予想していたが、23日に週間安値となる104.97円をマークしたドル円は、バイデン政権の景気対策、不調だった7年債の入札、良好な米経済指標の結果を受けてドルが買われた。ドル円の上昇を米長期債利回りの上昇に伴うものと解説する声が聞こえるが、ドル円は主に実質利回り差や2年債利回りに連動していることが多い。

Powered by WishList Member - Membership Software